ぶらり平蔵 女衒狩り
  • 最新刊

ぶらり平蔵 女衒狩り

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

浅草花川戸町の両替商[湊屋]が襲われ、四千両の金と二人の娘が攫われた。賊は西国を荒らしまわってきた希代の盗賊・漣権兵衛一味。攫われたのは主人の娘・千代と女中のおみさだった。しかも、おみさは平蔵の患者。北町同心・斧田晋吾から事件を聞いた平蔵はおみさの安否を憂うが、自分は一介の町医者の身。いかんともしがたい事態に歯噛みするばかりだった。だが、そこに現れたのは徒目付組頭の味村武兵衛。味村は盗賊捕縛の助太刀を平蔵に依頼する。そして、それは将軍吉宗直々の命だった。品川沖に停泊する千石船に娘たちが囚われていることを察知した平蔵たち。伝八郎、女忍のおもん、黒鍬組・火盗改総出の決戦の行方は?大人気痛快時代シリーズ、待望の最新刊。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
コスミック出版
掲載誌・レーベル
コスミック時代文庫
ページ数
261ページ
電子版発売日
2018年02月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ぶらり平蔵 女衒狩り のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

ぶらり平蔵 のシリーズ作品 1~20巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~20件目 / 20件
  • ぶらり平蔵 剣客参上
    583円(税込)
    「ぶらり平蔵」こと神谷平蔵。風の吹くまま気の向くまま、ぶらりどろんと行方をくらます。長屋住まいの町医者だが、じつは鐘捲流免許皆伝の剣客。病いも治すが人も斬る。悪には強いがなさけにもろい。磐根藩乗っ取りの陰謀に、藩とは切れたつもりだった平蔵が動いた。立ちはだかるは、奸智にたけた邪剣の使い手。数奇な運命にみちびかれて出会った女たちの思いに押され、難敵に立ち向かう平蔵。融通無碍の境地を神髄とし、抜く手も見せぬ無双の秘剣は、はたして磐根藩乗っ取りの陰謀を暴き出せるか!
  • ぶらり平蔵 魔刃疾る
    572円(税込)
    江戸の町をふるえあがらせる押込み強盗事件が発生した。豪商を襲った武士集団が、無惨にも家族も奉公人も皆殺しにしたのだ。そして、事件の背後に浮かびあがった「黒脛巾組」の陰に、某藩乗っ取りの隠謀が…。ようやく町医者稼業が身についてきた神谷平蔵にも刺客が送り込まれた。おちおち医業に専念していられなくなった平蔵、いとしい女たちと愛する磐根藩のために、正義の剣をひっさげて起つ。執念の鬼と化した難敵がふるう妖剣陽炎に、平蔵の愛刀ソボロ助広がひらめく!
  • ぶらり平蔵 女敵討ち
    572円(税込)
    髑髏を抱き、鎌首をもたげる黄金の蛇──深手を負った隠密おもんの乳房のあいだからぽろりと落ちた細工物が、大事件のとっかかりだった……。神谷平蔵の剣友・井手甚内。この無外流の達人とその恋女房に秘められた過去をめぐり、妖しい影が暗躍する。そして事件は意外にも、幕府の貨幣鋳造をめぐる疑惑へと発展するのであった。町医者暮らしに慣れた平蔵に、千両・万両の話はピンとこないが、友の危機を黙って見過ごすわけにはいかない。ぶらり平蔵の助っ人太刀が、幕政の暗部に巣くう悪党どもをぶった斬る!
  • ぶらり平蔵 人斬り地獄
    剣の達人、鐘捲流・佐治一竿斎の落とし胤と噂される戌井又市は、切っ先をゆらし、相手を眩暈にさそいこむ妖剣で、つぎつぎに人を殺めていく。すでに又市は、人斬り地獄へ堕ちてしまったのか……。そんなころ、磐根藩では、またまたお家騒動が勃発。もとはといえば藩主の色好みが火種のこの内紛に、悪党どもがつけこんだ。医者にして剣客の神谷平蔵だが、ここのところ剣客稼業に忙しい。蝋燭の炎をゆらがさずに両断する秘剣「霞の太刀」を、一竿斎からじきじきに伝授された平蔵。運命の糸にあやつられるように、暗雲立ちこめる磐根藩へと乗りこんでいくのだが……。
  • ぶらり平蔵 椿の女
    583円(税込)
    この世の地獄か──江戸の薬種問屋に押し入った凶賊の犯行跡を見て、定廻り同心・斧田晋吾は深々と吐息をもらした。店の主やその家族は無惨に殺され、金はすべて持ち去られたが、生き残った女中の話によると、賊は顔に役者のような隈取りをしていたという……。一方、磐根藩の御家騒動を収め、平穏な日々を送る神谷平蔵であったが、ある日、謎の黒衣集団に襲われる。愛刀ソボロ助広を抜きはなち応戦するものの、敵の放った飛刀に平蔵は手傷を負ってしまう。遺恨の鎖を断ち斬り、愛しい女を守るため、医者にして剣客、神谷平蔵が、讐鬼の邪剣に立ち向かう!
  • ぶらり平蔵 百鬼夜行
    583円(税込)
    北町奉行所吟味方同心の佐久間久助が、何者かに惨殺された。偶然その場に居合わせた神谷平蔵は、下手人と対峙。男に傷を負わせたものの、結局、取り逃がしてしまう。殺された佐久間が、佐治一竿斎道場の兄弟子だったことから、平蔵は北町定廻り同心・斧田晋吾とともに探索に乗り出した。捕物とは無縁なお役目の雑物掛が、なぜ襲われたのか。八丁堀を名指しで狙った手口を頼りに、下手人を追う平蔵たち。だが、その裏で、敵の魔手は平蔵の思いもよらぬ人物へとのびていた……。我欲のために人を殺める悪党を、平蔵の剛剣が裁く!
  • ぶらり平蔵 御定法破り
    「ぶらり平蔵」こと神谷平蔵は、神田新石町の弥左衛門店に看板をあげる町医者。だがその実体は鐘捲流の達人・佐治一竿斎のもとで修行した免許皆伝で、悪には強いが情けにもろい凄腕の剣客である。 ある日、両国の大道で家宝の差し料を売ろうとしていた牢人・井関十郎太と出会った平蔵。だがその刀が「妖刀」村正と判明したことから、事の成り行きは奇妙な方向へと動き始めた。井関とその仲間に持ちかけられた怪しい仕官話。村正を狙う謎の剣客。そしてついには井関自身が闇討ちされて手傷を負い、仲間の一人も凶刃に斃れてしまう。北町同心・斧田晋吾とともに下手人の探索に乗り出した平蔵だが、事件の背後には思いも寄らぬ政商癒着の絡繰が…。
  • ぶらり平蔵 風花ノ剣
    561円(税込)
    旗本屋敷襲撃という御定法破りの責めを負って江戸払いとなった神谷平蔵は、いま岳崗藩に逗留していた。剣の師・佐治一竿斎から話を聞いていた無外流の達人・曲官兵衛を訪ね、その食客となったのだ。官兵衛を首領とする曲一族は、紙漉きで生計をたてる平和な民。殺伐とした戦いの世界から離れると同時に、官兵衛の一人娘・波津に次第に心を惹かれてゆく平蔵の安息の日々は、永遠につづくかと思われた。だが、藩政を壟断する筆頭家老・弓削内膳正が一族の領地を収奪すべく動き出したことによって、平蔵たちの平穏は破られる。しかも陰謀の背後には、御定法破りの端緒となったある人物の影が…
  • ぶらり平蔵 伊皿子坂ノ血闘
    旗本屋敷乱入という御定法破りによって、西国・九十九郷へ所払いとなっていた神谷平蔵。公義目付である兄・忠利の許しを得て久方ぶりに江戸へと舞い戻ってきた平蔵は、なんと独り身ではなかった。九十九の郷士・曲官兵衛の一人娘・波津を新妻として伴っていたのだ。神田竪大工町の棟割り長屋に住むことになった平蔵たちだったが、新婚暮らしのその矢先、江戸を襲った大火によって焼け出されてしまう。波乱の幕開きとなった江戸暮らしに途方に暮れる平蔵。だがそんな平蔵に、忠利はある人物の「陰守」を申しつける。焼け出されの平蔵は、破格の手当を示されてやむなく大役を引き受けるが、その警護の相手とは次期将軍と目される御三家の大物だった……。
  • ぶらり平蔵 宿命剣
    572円(税込)
    次期将軍と目される紀州藩主吉宗の身辺警護を請け負い、伊皿子坂の死闘で襲いくる敵から吉宗を無事守りきった神谷平蔵。だが、天下の権力争いに一度足を踏み入れた平蔵を、尾張藩は黙許しなかった。伊皿子坂の遺恨を晴らし、平蔵を倒すべく、尾張が国元から呼び寄せたのは、刺客集団鴉組と異端の剣客柘植杏平。柘植は「石割ノ剣」なる異形の剣を遣う尾張の脱藩牢人で、謎めいた孤高の剣士だという。だが、迫りくる鴉組との戦いの中、平蔵が柘植杏平と偶然出会ってしまったことから事態は動き始める。敵味方と知らずに邂逅した二人の剣客が、それぞれの背負う宿命に導かれて進む道とは? 果たして「石割ノ剣」と「風花ノ剣」の対決はなるのか?
  • ぶらり平蔵 心機奔る
    583円(税込)
    江戸川橋近くの河原で、若い侍の斬殺屍体が発見された。現場には女の足跡と上物の鼈甲の櫛が残されていたが、その姿は消え失せていた。そんな最中、神谷平蔵のもとに往診の依頼が持ち込まれる。患者は背中を斬られ大怪我を負った若い女。武家屋敷の内女中で、江戸川橋の現場から逃げ出したところを助けられたものだった。はからずも事件に関わりを持ってしまい、ことの背後に三河譜代の大身旗本のお家騒動がからんでいることを知った平蔵。だが、そんな平蔵の前に旗本家重鎮一派が立ち塞がる。敵は馬庭念流の剣客。その極意の技〈脱〉に無心の剣で立ち向かう平蔵に勝機はあるのか!
  • ぶらり平蔵 奪還
    594円(税込)
    新たな妻・篠を娶り、団子坂に医者の看板を出した神谷平蔵。そこそこ繁盛しているものの、やってくる患者は貧乏人がほとんどで治療代もツケばかり。火の車の台所にぼやく一方の日々だった。そんなある日、根津権現に薬草摘みに出かけた平蔵は、若い娘が三人の狼藉者に襲われているところに遭遇した。間一髪、娘を救うものの、平蔵は一人の浪人と刃を交えた際に掠り傷を負ってしまう。おりもおり、市中では若い娘の拐しが横行。どうやら根津権現の浪人はその一味らしい。一味の狙いは何か?鐘捲流の遣い手である平蔵と互角の腕を持つ浪人の正体は?一味の隠れ家が下総国にあることを突き止めた平蔵らは敵地・国府台に乗り込むが…。
  • ぶらり平蔵 霞ノ太刀
    572円(税込)
    平蔵の甥・忠之に突如縁談がもちあがった。相手は老中の遠縁で家格も釣り合う申し分のない話だったが、当の忠之は拒むばかり。不審に思った嫂の幾之に頼まれて平蔵が探りを入れると、忠之は菊坂町の柔術道場で代稽古を務める女武道・織絵に恋着しているらしい。忠之も通っているという起倒流の道場主は峪田弥平治。道場を覗きにいった平蔵は、そこで出会った峪田の人柄にすっかり惹かれてしまう。意気投合して酒を酌み交わした帰り道、悪党どもに襲われかけている若い女を救った平蔵たち。だが取り逃がした連中が、かつて平蔵が皆殺しにした猪口仲蔵の兄弟分だったことから、事態は思わぬ方向に…。平蔵を狙い、剣鬼を差し向ける鬼火の吉兵衛の真の目論見とは?
  • ぶらり平蔵 上意討ち
    550円(税込)
    盗賊の付け火によって千駄木の家を焼け出されてしまった神谷平蔵と妻の篠。ようやく浅草東本願寺裏に[医師]の看板を掲げたものの、相も変わらず閑古鳥が啼く日々だった。そんなある夜、平蔵は数人の侍に襲われていた若い浪人を助ける。傷を負った浪人は成宮圭之助という元水無月藩の郷方廻り。藩主の漁色の餌食になりかけた許婚とともに脱藩し、江戸に逃げてきたのだという。襲った相手は上意討ちを命じられた藩の討っ手だった。さらなる刺客を送り込み、平蔵をも狙う水無月藩。平蔵は茨の道を選んだ若い男女を守るべく敵に挑むが、その戦いの行く手には非情な定めが待ち受けていた……。大人気シリーズ、待望の最新刊!
  • ぶらり平蔵 鬼牡丹散る
    妻の篠が身籠もって里帰りしたため、浅草東本願寺裏の自宅でひとり暮らしになってしまった神谷平蔵。久しぶりの独り身を満喫できるかと思いきや、おりからの長雨に体調をくずした蛇骨長屋の住人たちの診療に追われ、羽根をのばすこともままならない日々だった。だが、つかのまの平穏は、またしても平蔵をねらう剣客に破られる。夜道、突如立ち合いを挑んできた鬼牡丹の紋の剣士と刃を交え、平蔵は深傷を負ってしまったのだ。相手は昨年、平蔵が深川十万坪で斃した水無月藩士・鉢谷甚之介の義弟・真柄源之丞だった。傷を癒し、ふたたび十万坪で源之丞と相まみえる平蔵。不条理な遺恨に翻弄される剣士たちの闇路の果てに待つものは?好評第15弾。
  • ぶらり平蔵 蛍火
    561円(税込)
    平蔵の子を宿し、つつがなく産むことによって、平蔵と駿河台の実家の仲を取り持とうとしていた妻の篠。だが流産という不幸に見舞われた篠は、それがもとで不帰の客となってしまう。ふたたび妻を失い、兄・忠利とも訣別。医者として、また剣客としても行く末の見えない日々を送る平蔵だったが、剣士の宿命は、またしても平蔵を修羅の道へといざなった。下目黒村で若い百姓娘を拐かしから救ったのをきっかけに、直参旗本の子弟が徒党を組む朱鞘組を敵に回すことになった平蔵。襲いくる剣鬼を迎え撃つ平蔵は、みずからの迷いを断ち切っておのれの道を突き進むことができるのか!?超人気シリーズ、待望の第16弾。
  • ぶらり平蔵 刺客請負人
    神谷平蔵が下目黒村の名医・竹井筍庵に弟子入りしてふた月。そろそろ浅草に帰ろうかと思い始めた矢先、平蔵が出遭ったのは刈谷惣助という笹岡藩の脱藩浪人だった。惣助は不貞をはたらいた妻を密通相手ともども成敗し、藩を出奔してきたという。しかも、その相手は城代家老の縁者だったため、惣助には藩をあげての討手がかかっていた。討手の目を避けるため虚無僧に化け、江戸に戻った平蔵の後を追った惣助。だが、再会した二人を待ち受けていたのは、刺客集団の嵐のような襲撃だった。かろうじて撃退した平蔵と惣助を狙うさらなる剣客の群れ。闇の世界の元締め・播磨屋に差配された最大の難敵たちとの激闘の行方は?怒濤の剣戟が連続する、第人気シリーズ17弾。
  • ぶらり平蔵 雲霧成敗
    539円(税込)
    平蔵の住まいの隣に、山本仁斎と名乗る易者が越してきた。仕えた藩を隠居して越後から江戸に出てきたという仁斎は碁好き。暇をもてあましていた平蔵は、碁敵として仁斎と対局する仲になった。 そのころ巷では、大店だけを狙って大金を奪う盗賊一味の噂でもちきりだった。上方を跳梁していた大盗賊・雲霧仁左衛門がいよいよ江戸にやってきたというのだ。大坂奉行所も捕らえることができなかった一味は、町方や火盗改の探索をよそに次々と大店を襲いはじめる。そんななか、盗賊を恐れた浅草の両替商[武蔵屋]に頼まれ、伝八郎らと店の用心棒を請け負うことになった平蔵。だが、ついに平蔵の前に現れた雲霧仁左衛門は、平蔵のよく知る人物だった!
  • ぶらり平蔵 吉宗暗殺
    550円(税込)
    将軍吉宗を亡き者にせよ――。公議徒目付の味村武兵衛から神谷平蔵にもたらされた尾張藩の陰謀。数年前、当時紀州藩主だった吉宗を芝伊皿子坂で襲った事件の黒幕・諸岡湛庵が、ふたたび将軍の命をねらって動き出したのだという。味村の要請によって吉宗の陰守(身辺警護)を請け負うことになった平蔵と剣友の矢部伝八郎、笹倉新八。だがその矢先、平蔵は十数人もの刺客集団の襲撃を受け、間一髪切り抜けたものの、深手を負ってしまう。敵は伊皿子坂の意趣を晴らすとともに、吉宗暗殺の邪魔立てを退けるべく、平蔵たちを始末する肚らしかった。襲い来る尾張柳生流介者剣法の必殺剣!平蔵たちは吉宗を守ることができるのか!?
  • ぶらり平蔵 女衒狩り
    550円(税込)
    浅草花川戸町の両替商[湊屋]が襲われ、四千両の金と二人の娘が攫われた。賊は西国を荒らしまわってきた希代の盗賊・漣権兵衛一味。攫われたのは主人の娘・千代と女中のおみさだった。しかも、おみさは平蔵の患者。北町同心・斧田晋吾から事件を聞いた平蔵はおみさの安否を憂うが、自分は一介の町医者の身。いかんともしがたい事態に歯噛みするばかりだった。だが、そこに現れたのは徒目付組頭の味村武兵衛。味村は盗賊捕縛の助太刀を平蔵に依頼する。そして、それは将軍吉宗直々の命だった。品川沖に停泊する千石船に娘たちが囚われていることを察知した平蔵たち。伝八郎、女忍のおもん、黒鍬組・火盗改総出の決戦の行方は?大人気痛快時代シリーズ、待望の最新刊。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています