医療再生 日本とアメリカの現場から

医療再生 日本とアメリカの現場から

作者名 :
通常価格 680円 (税込)
紙の本 [参考] 756円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

医師不足や医療不信が同時多発的に拡大し、社会問題化した「医療崩壊」は、その後どのような道を辿ったのか。本書では、繰り返される医療事故をはじめ、「医療崩壊」後の日本医療が今なお抱える問題を、独自の職業観や医局運営術も交えながら検討し、米国での無給研究員時代より続く著者自身の実践から捉え直す。新医療事故調査制度や新専門医制度などの相次ぐ制度改革や、アメリカ型医療の流入といった目まぐるしい変化について、日米両国の現場で外科医療に携わった体験を交えて考察した一冊。【目次】はじめに/第一章 米国医療の光と影/第二章 日本の医療はなぜ崩壊したのか/第三章 外科医療はトキメキの宝庫/第四章 意識改革で外科医局再生――トキメキと安らぎのある村社会/第五章 日本医療の未来像/参考資料 「読売新聞」連載コラム

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
192ページ
電子版発売日
2016年03月18日
紙の本の発売
2016年01月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「医療再生 日本とアメリカの現場...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年03月05日

日米で有名な医師による医療現場からの提言。
患者の側でも意識を変えていかなければならないことも多いと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月08日

過酷な労働条件下にありながら、医師や看護師の使命感をベースとした高い士気が、我が国の医療を長らく支えてきた。が、そのシステムはガラス細工のように脆い。医療事故をセンセーショナルに報道し結果責任を問う医療バッシングは、患者の医療に対する不信感を煽り、権利意識を肥大化させた。その結果、医療者の心の支えだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,867

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!