血引きの岩
  • 完結

血引きの岩

作者名 :
通常価格 950円 (864円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本神話の神、万物の母イザナミが死の女神として現代に甦る。伝奇ミステリーの第一人者、星野之宣の幻の未完のシリーズ、「血引きの岩」51頁、「黄泉の渦」50頁、「日狭女」50頁、「血反玉」50頁の4編に加えて同系統の作品を収録した、ファン必携のスペシャル・エディション・コミック。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
朝日新聞出版
ページ数
282ページ
電子版発売日
2016年03月04日
サイズ(目安)
107MB

血引きの岩 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年02月21日

    宗像教授の第二シリーズが終わり、間を埋める様に軽装版で出版された。中身も星野之宣節が炸裂してるが同時期に「星を継ぐ者」が出版され継子扱いなのが気の毒。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    素晴らしい

    hide 2017年04月09日

    面白い。流石です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月28日

    作者超一流のこじつけ力は鳥肌ものの凄さで、未完で食い足りないのが惜しまれる。どんな話でも短編1話内できっちりエンタメにまとめてしまう性は良いことだと思うけど、作者の言う通り恐怖向きではないのかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月26日

    諸星大二郎御大とセットで語られることの多い星野之宣先生の、これが初読みとなる伝奇SF。しかし著者自身「残念」と前置きしているように、本作にホラーとしての真価を求めてはいけないようだ。琵琶湖=淡路島=勾玉の相似形に端を発する、主人公の女性教師と黄泉の女王イザナミの因縁の対決4編に加え、1話完結の短編「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    何とも微妙な出来映え

    つくね 2018年01月03日

    宗像教授シリーズがちと高めなのでこちらを買ってみましたが、作者ご本人も書かれている通り、ホラーセンスはお持ちでないですね。

    全然怖くないし、ホラー特有の「えっ、それでいけちゃうの?」が全く作風に合わないです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月17日

    タイトルは「千人もの力で引かねばならないほどの重さの岩」
    の意である「千引きの岩」すなわち、
    黄泉に下った伊弉冉尊を迎えに行ったものの、
    変わり果てた姿に恐れをなした伊弉諾尊が、
    黄泉への入口である黄泉平坂を塞いだと言われる巨岩の名――
    を、もじったもの。
    日本の古代神話に材を得た短編ホラー漫画集。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月21日

    最初に作者が書いているとおり、ちょっと理に走りすぎているような……。
    面白いんだけど、謎解きがメインになってしまって、ホラー色が薄まってしまったような気がする。
    『ヤマタイカ』みたいな話になりそうなんだけど、途中で終わっている感じ。
    『ヤマトの火』→『ヤマタイカ』みたいに仕切り直してくれるとうれしい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 女性マンガ

女性マンガ ランキング