月が導く異世界道中14
  • 最新刊

月が導く異世界道中14

作者名 :
通常価格 1,265円 (1,150円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

勇者響の待つリミア王国を訪れたクズノハ商会一行。手厚く歓迎されるかと思いきや、真の姿を見るなり巫女が卒倒して大騒ぎに。人の本質を見抜く力を持つという彼女は、真の中に一体何を見たのか。更に、日頃なら主への無礼に容赦のない澪も、巫女を咎める事なく妖しく微笑むのみ。彼らの訪問がただの“ご挨拶”で終わるはずもなく、水面下で様々な思惑が交錯する。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
アルファポリス
掲載誌・レーベル
アルファポリス
ページ数
304ページ
電子版発売日
2018年04月13日
紙の本の発売
2018年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

月が導く異世界道中14 のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年04月21日

    リミア王国訪問.
    この先輩氏は面倒くせぇなぁ.
    いろいろ考えてるみたいだけど
    国のためとか世界のためとか言いつつ
    結局は自分の所属する陣営のために他と争う
    縄張り争いしてるって事でしょ?

    既に自分の陣営を持ってる真を引き込むなんて
    そもそも無理な話なんだよ.
    目指してるものが違うんだから.

    戦争...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

月が導く異世界道中 のシリーズ作品 1~15巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~15件目 / 15件
  • 月が導く異世界道中
    1,265円(税込)
    アルファポリス「第5回ファンタジー小説大賞」読者賞受賞作!! 薄幸系男子の異世界成り上がりファンタジー! 平凡な高校生だった深澄真は、両親の都合により問答無用で異世界へと召喚された。しかもその世界の女神に「顔が不細工」と罵られ、最果ての荒野に飛ばされてしまう。人の温もりを求め荒野を彷徨う真だが、出会うのはなぜか人外ばかり。 ようやく仲間にした美女達も、元竜と元蜘蛛という変態&お...
  • 月が導く異世界道中2
    1,265円(税込)
    魔物達が跋扈する、過酷な「世界の果て」横断の旅を終えた真。 商人としての第一歩を踏み出すため、街を仕切る大商人、レンブラントとの接触を試みるが、彼の家族が凶悪な「呪い」をかけられていると聞かされて――。 面倒事を引き寄せる残念風雲児、深澄真の苦難はまだまだ続く!! 住人達よ、奮起せよ!亜空No.1を決める格闘大会を描いた特別書き下ろしも収録!
  • 月が導く異世界道中3
    1,265円(税込)
    突然召喚された異世界で、元竜と元蜘蛛の人外従者と共に旅を続ける平凡高校生・真。 旅の途中に滞在しているツィーゲの街からほど近い森で、「森鬼」と呼ばれる亜人と遭遇したのが災厄の始まりだった――。 厄介事を引き寄せる残念風雲児、深澄真の受難、ここに極まれり! 商会を立ち上げた真のために頑張ります!――ツィーゲで一番の大商人、レンブラントの奮闘を描いた特別書き下ろしも収録!
  • 月が導く異世界道中4
    1,265円(税込)
    突如異世界に召喚された平凡高校生・真は、ツィーゲでのひと悶着を無事解決し、次なる目的地である学園都市ロッツガルドを目指して珍道中を再開していた。 ところがその旅の最中、彼は意識を失い、何者かに拉致されてしまう――。 行きついた先は、なんと戦場のど真ん中。そして目の前では、獰猛な笑みを浮かべた謎の女が、真に向けて大剣を振り下ろさんと構えていたのだった。 厄介事を引き寄せる残念風雲児...
  • 月が導く異世界道中5
    1,265円(税込)
    様々な苦難を乗り越え、ようやく目的地である学園都市ロッツガルドへとたどり着いた平凡高校生・真。彼は異世界についての見聞を広めるため、この地に存在する「学園」に生徒として入学することを目論んでいた。 ところが真の受けた試験は入学試験ではなく、なぜか教員採用試験――。 厄介事を引き寄せる残念風雲児、深澄真の奇妙な学園生活が幕を開ける!!
  • 月が導く異世界道中6
    1,265円(税込)
    学園都市ロッツガルドで、生徒になるつもりがなぜか教師として働くことになった真。これまでの学園にはなかった実戦重視のハードな講義内容に、最初は生徒達から「鬼教師」と疎まれていた真だったが、次第に成果が表れてくると、意図せず株があがってしまう。揚げ句、熱心な生徒達から、来る学園祭のイベントに向け夏休み返上の特別訓練まで請われてしまい……。「僕、本業は商人なんですけど……」厄介事を引...
  • 月が導く異世界道中7
    1,265円(税込)
    本業である商人活動を気にかけつつ、ロッツガルドでの教師生活を満喫している真。 いよいよ始まった学園祭、そしてメインイベントである闘技大会を前に、彼の教え子達のテンションも最高潮に達していた。 ところが、そんな空気に水を差すかのように、真とその生徒達に次々と災難が降りかかる――。残念風雲児・深澄真が押し寄せる厄介事に立ち向かう!!
  • 月が導く異世界道中8
    1,265円(税込)
    学園都市ロッツガルドの学園祭を彩る一大イベント、闘技大会決勝戦の直後、激闘を制した真の教え子達の前に、敗北したはずのイルムガンドが化け物へと変異して再び立ちふさがった。彼の変貌を皮切りに街は化け物で溢れ返り、壊滅の危機に瀕するロッツガルド。学園の講師である真は、事態の収束と原因の究明を目指し、従者と共に行動を開始した――。残念風雲児・深澄真、混迷を極める学都防衛に奔走する!!
  • 月が導く異世界道中8.5
    1,265円(税込)
    薄幸系男子の異世界成り上がりファンタジー、完全書き下ろしの番外編! ロッツガルドが夏休みに入ったのを機に、真は自身の魔力の出力アップの訓練に取り組んでいた。そんな折、ふと手にした「魔力の物質化」に関する論文に着想を得て、真は亜空を守る新たなる力を手にする。真の圧倒的な魔力量と精神集中によって実体を帯びた変幻自在の魔力、その名も「魔力体」! 亜空の猛者達も唖然とさせるその力とは!?
  • 月が導く異世界道中9
    1,265円(税込)
    ロッツガルドの変異体騒ぎに乗じて、魔族の軍隊がリミア王国とグリトニア帝国の都に迫っていた。四腕の魔将イオを前に、絶体絶命の王国の勇者。そんな中、再び女神に拉致された真は、危機に瀕した勇者の助勢を約束させられる。魔族や女神にいいように振り回される真だが、彼はここで思いもよらない逆転の策を打ち出した! 混迷を極める戦場に、魔族、ヒューマン、亜空、それぞれの思惑が交錯する!
  • 月が導く異世界道中10
    1,265円(税込)
    魔族の襲撃から勇者を救出するためにリミアの王都に飛ばされた真と識は、正体を隠しつつ巨人の魔将を見事に撃退。ところがそこに、新たな乱入者が現れた! ヒューマン最強の女剣士――竜殺しソフィアと、刃竜ランサーのコンビ。彼らが降らせた光の剣の雨で王都は壊滅状態になってしまった。倒した上位竜の力を吸収して更なるパワーアップを遂げた狂戦士が、真に襲いかかる!
  • 月が導く異世界道中11
    1,265円(税込)
    変異体騒ぎに端を発する混乱から各国が立ち直りつつある中、真は帝国や王国のお偉方から呼び出しを受けて、挨拶回りに奔走していた。そんな中、以前から打診されていた魔族の王との会談に応じることを決めた彼は、ヒューマン未踏の魔族の都に招かれ、魔王から直々に歓待を受ける事に。一介の商人に対しては異例の待遇に、真もタジタジ!?
  • 月が導く異世界道中12
    1,265円(税込)
    魔族領を訪れた真たちは、魔王から破格とも言える手厚い歓迎を受けていた。そんな中、真と魔将の親善試合の会場に反魔王勢力の刺客が乱入するという事件が発生。襲撃者は無事鎮圧されたものの、彼らが使った神器により恐るべき上位竜が降臨する。大破壊をもたらすブレスから街を守るため、クズノハ商会一行が立ち向かう!
  • 月が導く異世界道中13
    1,265円(税込)
    魔族領への訪問を終え、久々に学園に顔を出した真を待ち受けていたのは、部屋いっぱいに溜まった大量の書類。不在の間に彼の講義に関する問い合わせが殺到し、学園の事務局はパンク寸前になっていたのだ。真が生徒の増員を告げると、たちまち僅かな受講枠を巡って乱闘寸前の騒ぎに!? 一方、亜空では新たに出来た“海”への移住希望者の選考も始まって……。真の忙しい日々は終わらない。
  • 月が導く異世界道中14
    1,265円(税込)
    勇者響の待つリミア王国を訪れたクズノハ商会一行。手厚く歓迎されるかと思いきや、真の姿を見るなり巫女が卒倒して大騒ぎに。人の本質を見抜く力を持つという彼女は、真の中に一体何を見たのか。更に、日頃なら主への無礼に容赦のない澪も、巫女を咎める事なく妖しく微笑むのみ。彼らの訪問がただの“ご挨拶”で終わるはずもなく、水面下で様々な思惑が交錯する。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています