カルト村で生まれました。
  • 完結

カルト村で生まれました。

作者名 :
通常価格 865円 (787円+税)
紙の本 [参考] 1,100円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

「平成の話とは思えない!」「こんな村があるなんて!」と、WEB連載時から大反響!!
衝撃的な初投稿作品が単行本に!

「所有のない社会」を目指す「カルト村」で生まれ、19歳のときに自分の意志で村を出た著者が、両親と離され、労働、空腹、体罰が当たり前の暮らしを送っていた少女時代を回想して描いた「実録コミックエッセイ」。

〈カルト村ってどんなとこ?〉
●大人と子供の生活空間が別々 ●朝5時半起床で労働 ●布団は2人で1組
●食事は昼と夜のみ ●卵ミルクを飲ませられる ●お小遣いはもらえない
●すべてのモノが共有で、服もお下がり ●男子は丸刈り、女子はショートカット
●ビンタ、正座、食事抜きなど体罰は当たり前 ●手紙は検閲される
●テレビは「日本昔ばなし」のみ ●漫画は禁止、ペットも飼えない
●自然はいっぱい。探険など外遊びは楽しい♪

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
シリーズ
カルト村シリーズ
ページ数
144ページ
電子版発売日
2016年02月12日
紙の本の発売
2016年02月
サイズ(目安)
31MB

カルト村で生まれました。 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年01月07日

    ヤマギシ会の実録本の中でも随一で読みやすい。

    ①信者の財産の全額没収(返却せず)
    ②親子の強制別離、子供への強制労働
    ③学校に行かせない、病院に行かせない
    ④男性の完全優位社会。女性は20代で40~60の男と結婚し、コンドームも教団が支給。料理・家事・掃除は女が行い、男子は遊んでいるだけ。
    ⑤小学...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月19日

    ヤマギシの話しですね。親は自分の判断で決めれますが、子供にはそれが出来ません。面白おかしく描いてありますが、子供はこのような集団からは守るべきだと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月29日

    私の中で「原始共産主義とはどんな所なんだろう?」という疑問がずっとあって、それにきちんと答えてくれた本だと思った。ユートピアと思うか、ディストピアと思うかは人それぞれ。
    ただ、100分で名著でマルクスの資本論を見たあとだったので、「自分がここで生きるのは嫌だけど、これは一種のユートピアなのかもしれな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月10日

    色々カルト村への 突っ込みどころが
    心からあふれてくる本なのですが
    まずは 高田さんが 非常に中立な気持ちで
    自分の子供時代のことを淡々と描かれていること。
    それによって 自分が知りえない
    共同体としての生活の実態がよく理解できたと思います

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月29日

    小学校の同級生はいわゆるカルト村の子供だった、と後で知った。その同級生と自分は、仲が良かった。その子は年度が変わると、忽然と姿を消した。その記憶が、軽いトラウマのように残っている。そのことをいつか知りたい知りたいと思っていたら本作と出会った。カルト村の実質を知ってぞっとすると同時に、同級生は死にたく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月20日

    カルトとか新興宗教とかって、なかなか興味深くて、昔でいうところのKKKとかイルミナティとか、まぁ今もあるんかもしれんけど、果てはUFOとか、そういう未知の世界のものというか。かわぐちひろしとか。
    とはいえ日本の現代のカルト教団だから、さすがにすげーぶっ飛んだってところではなく、あれ、そう言われてみる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月26日

    映画esを思い出しますよね。世話係のところで。子どもが親を欲する時期なんて、人生の中でほんのひとときなのに。そして食いしん坊の私には耐えられない生活。空腹感を一度も感じたことがない、という生活と、この生活と、どちらが異常なのかはわかりませんが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月09日

    かなり気持ち悪い(原始共産制をモチーフにしている?)宗教の村の漫画。本人はその村での理不尽な経験を異常とは思わない感じで描いており、洗脳は人格の根本まで犯すのかもしれないと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月25日

    とにかく衝撃。実在しているのが信じられない程の異世界。でも著者からすると、それが普通の世界。両親がカルト村に入り、そのため著者は生まれた時から村人。親の教えは大事だなと痛感。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月15日

    シンプルでかわいい絵柄・ひょうひょうとした純粋な主人公・支配された圧迫感…このへんのバランスが絶妙。
    恨みつらみではなく、思い出として描かれていてときどき楽しくなるのだけど、ちらほら出てくる狂った支配が息苦しい。体罰や食事を与えないことでマインドコントロールしていってるのもぞっとする。
    かやさんは心...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

カルト村で生まれました。 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています