温泉妖精

温泉妖精

作者名 :
通常価格 1,296円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

美しい母親と姉のもとで育ち、容姿コンプレックスを抱えて美容整形を繰り返す27歳の絵里。大きな二重、高い鼻、脱色した髪と青いカラーコンタクトで、外国人のふりをして田舎の温泉宿に泊まるのが趣味の彼女は、ある日、向かった旅館で、「影」と呼ばれる嫌味ったらしい中年男性客と出会い――。不思議なエネルギーに満ちた第39回すばる文学賞受賞作。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
136ページ
電子版発売日
2016年02月05日
紙の本の発売
2016年02月
コンテンツ形式
EPUB

「温泉妖精」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年07月03日

表紙とタイトルにつられて借りたけど。
確かに温泉は出てきます。でも本物じゃない。
いろんな意味で自分をごまかしてる登場人物たちの話かな。
でも意外と面白かった。
何か得るわけじゃないけど、ごまかしてても正直な人たちなのかなって思えるし。

男の人の場合妖精だったら、女性もそうなのかな?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月03日

第39回すばる文学賞受賞作品。

面白そうな突飛な要素をこれでもか、というほど詰め込んだ印象。こんなに面白要素に溢れているのだから、短編で終わらせるのは勿体ない。

それにしても、タイトルで勝手にふんわりしたファンタジー作品だと思っていたので「温泉妖精」が何かを知ってしまった瞬間思わず笑ってしまった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月02日

楽しみのはずの温泉が温泉でもないパッとしないつぶれかけの旅館で、そこでのもう一人の犬にしか興味のない中年のオタク影と出会う。ケンカ腰の会話で、整形したりして外人ぽく振る舞う絵里のコンプレックスで小さくなっていた心が解放されていく。おっさんの妖精なのが、しみじみおかしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月08日

容姿に劣等感を持つ絵里は整形をしながら温泉巡りをしている。
ゲルググのブログに何度も登場する旅館を訪れた時、そこで出会った人たちによって少しずつ変わっていく…

最近読んだ駄文小説の何倍も上手く読みやすい

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月13日

温泉?妖精?
強烈キャラが生まれて、好きに遊ばせてたら出来ました。という感じ。
ラストのシーンは記憶に残る。
でも、この妖精…。妖精?

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,482

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!