おとなの始末

おとなの始末

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
紙の本 [参考] 836円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「自分の人生にどう決着をつけていくか」は、人生の終盤を迎えた中高年にとって大きな課題である。定年を見据えたうえでの仕事への向き合い方、避けては通れない家族問題、いつか必ずやらねばならない生活環境の整理、老いていく自分への対応……。いわゆる“終活”にとどまらない、リアリティを持った人生の締めくくり方、始末のつけ方とは何か。自身の死生観や倫理観に対峙しながら、「自分の人生にどうかっこよく幕を引くか」をテーマに新しい生き方を考える。【目次】第一章 おとなの始末とはなにか――そのうちきっと、と思っているだけでは、「そのうち」は決してこない。/第二章 仕事の始末――仕事は楽しいか。あるいは苦痛でしかないか。楽しいと苦痛の様々なグラデーションを往復しているのが、おおかたの現実というものだろう。/第三章 人間関係の始末――血縁がすべてか? 「家族」と呼ばれる人間関係で、「家庭」と呼ばれる空間で、傷ついているひとはいないか? 友人関係においてもまた。/第四章 社会の始末――自由に生きたい。平和に生きたい。差別は、したくも、されたくもない。「殺し、殺される」法律など、まっぴらごめん。だからわたしは、声をあげる。/第五章 暮らしの始末――暮らし、というこの愛おしくも懐かしくも、けれど、時に、うっとうしいもの。『Good Morning Heartache』でも聴きながら、暮らしと向き合ってみよう。/第六章 「わたし」の始末――第一章から第五章まで、なんとか辿りつけたとしても……。最も高いハードルがまだある。/あとがきにかえて

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年01月22日
紙の本の発売
2015年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

おとなの始末 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年04月09日

    現在55歳の自分には"仕事の始末"が非常に参考になり、心の拠り所になった。「仕事以外の居場所を作る」自分はいったい何がやりたいのか??。「名刺の肩書を削除する」皆最後は手放す椅子、椅子は綺麗に手放すのが素敵、人生は自前。椅子の数は決まっていて決められた椅子とりゲームに一喜一憂する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月26日

    人生の終わりに向けての「始末」という視点とともに、日頃からの責任の取り方という視点でも書かれていて興味深く読んだ。はっきりと意見を示されているようにみえるが、その裏に責任をとれる範囲で行動するという信条をお持ちであることがわかりなるほどと思った。たくさんの本や絵本が引用されていて、日頃から本に触れる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月01日

    読む前の自分にアドバイスするとしたら、まあ読んでもいいし、読まなくてもいいかもと答えると思う、そんな一冊でした。
    疲れが取れず、寝ても寝ても眠くて、花粉症のせいかと思っていたけれど、この本を読み、あれ?加齢か?加齢のせいなのか?と気づけたのがよかったこと。
    老化してるんだ、自分。できないことが増えて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月21日

    毎月届くクレヨンハウス通信の「クレヨンハウス日記」を楽しみにしているので、落合さんの著作を初めて読んでみた。

    70歳を迎え、人生の終焉を見据えて自分の人生にどう決着をつけてゆくか、大きく5項目に分けて語られている。
    ・仕事の始末
    ・人間関係の始末
    ・暮らしの始末
    ・社会の始末
    ・わたしの始末

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月29日

    週刊誌のコラム(日記風)コラムなどを読むと、ちょっとニヒリスティクでもの哀しげな心象風景が垣間見えるが、70年の彼女の人生の一端を見させてもらって、その根底にある心根に共感し感心できる部分が結構ある。
    自然体だけど反骨、優しいけど反権力、弱かったりだらしなくてももう一歩歩き出そうとするその生き方が好...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社新書 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング