夜明けの嘘と青とブランコ【電子限定版】【イラスト入り】

夜明けの嘘と青とブランコ【電子限定版】【イラスト入り】

作者名 :
通常価格 815円 (741円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

【限定配布されたショートストーリーが付いた電子限定版♪】昔、友人を傷つけて口下手になった志生は、大学のサークル勧誘で、そっけないけど気優しい先輩・眞山と出会う。部員から眞山はゲイで傷心の身だと聞かされ、「期間限定でつきあってやって」と囃されても不快じゃなかった志生。だが、ある日眞山との会話でまた失敗をしてしまう。それを機に交換日記を始めたふたりは、お互いを知るうちにやがて惹かれあい、一ヶ月の約束で恋人になるが……。 カズアキ先生の美麗なイラスト入り♪

カテゴリ
BL
ジャンル
BL小説
出版社
ダリア文庫e
掲載誌・レーベル
ダリア文庫e
電子版発売日
2016年01月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

夜明けの嘘と青とブランコ【電子限定版】【イラスト入り】 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年12月18日

    久々に元祖BL!って作品でした。何が元祖かといいますと、同性愛者=異端者。って設定。昔は結構あったのですが、最近では獣系やファンタジー、コミカルな作品が多いですが、コレはほのぼのとした面を持っていながらガツンと痛いところを突いてくる作品です。
    主人公は大学生3年生の先輩(攻)と新入学してきた1年生(...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月15日

    期間限定のおつきあいから始まる恋のお話。
    深い愛情に守られてすくすく育った真っ直ぐて優しく思慮深く、それ故にすれてなさすぎて人付き合いにやや苦手意識を感じる年下主人公は朝丘ワールドだなぁと。
    純粋すぎるほど純粋で可愛らしい志生の乙女っぽさにもぞもぞしないと言えなくもないのですが、それもまた朝丘ワール...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月02日

    真っ直ぐで純粋な志生と、ゲイであることで心に傷を負っている眞山先輩のお話。
    期間限定の恋人から始まったけれど、交換日記を書いたり一緒に過ごしたりするうちに、お互いをいつしか求め合う関係になっていく。

    視点が入れ替わるからこそ二人の気持ちが理解できて、もの凄い早さでお互いを好きになっていくのがわかっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    (匿名) 2016年01月15日

    最初は甘々なお話を終始読まされるのかと思っていましたが、良い意味で裏切られました(笑)

    色んなBLを読ませて頂きましたが、この作品からリアルに同性愛者が世間からどんな風に扱われて、どんな風に色んな思いを抱えているのかを教えられました。

    本当に涙が止まりませんでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月06日

    おもしろかった。
    が、志生の想いが少し私にはわかりかねるところもあって・・・。
    最後には納得できましたが。

    志生のお兄ちゃん・恵生が、感情的には大いに理解できた(笑)。

    つい親の気持ちになってしまうので困りました(爆)。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    うんまあ安定の

    cazumix 2016年02月02日

    朝丘さんって感じ。もうちょいこぉ地味にシクシク泣けるのを期待しましたがトラウマありのED持ちだとか同性愛の葛藤について突っ込んでるわりに後ろ暗さがないとゆーか案外あっさりとハッピーに終わりました。志生のキャラのせいかな、全くもって不可解なほどノホホンとしてて躊躇なく同性の先輩と付き合えて、元々素質あ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年08月22日

    もうぐいぐいキャラクターの生きる世界に引き込まれてしまいました。まるで自分が登場人物になったみたいに彼らの感情に一喜一憂して微笑んだり泣いたりしてしまいました。朝丘先生の、まるで物語の世界が自分の目の前に起こっているような質感や匂いやそういう表現が素敵です。

    何気ないひと言で友達を傷つけたことがあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ダリア文庫e の最新刊

無料で読める BL小説

BL小説 ランキング