非常識であれ! ガリバー流“挑む経営”の神髄

非常識であれ! ガリバー流“挑む経営”の神髄

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

設立からわずか9年で東京証券取引所第一部上場企業となった中古車流通大手、ガリバーインターナショナル。
成長の原動力は社内に「挑むことの大切さ」が浸透していることだ。
その極みは、2011年6月から羽鳥兼市会長が挑んだパリ~中国~日本というマラソンだ。
70歳という年齢にもかかわらず、合計1万3352キロを405日かけて自らの足で走り抜いた。
この挑戦で浮き彫りになったのは、「高い志」「情熱」「信頼」「プラス思考」「覚悟」「感謝」など、
ガリバーが重視してきたコアコンピテンシーである。

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
208ページ
電子版発売日
2015年12月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

非常識であれ! ガリバー流“挑む経営”の神髄 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年04月28日

    目標に向かう人間はかっこいい!

    ユーラシア大陸横断という非常識な偉業と
    そこに関わる羽鳥会長の思考や価値観が記されている。

    大きな目標には、不可能と思われる試練がある。
    もちろん、羽鳥会長ですら人としての弱さを持っている。
    ただ、達成するからこそ、人々に見せられる姿がある。

    そんな人間こそ、人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月08日

    羽鳥兼市著「非常識であれ」日経BP(2013)
    *目の前の出来事に一喜一憂していては、どうしても焦りばかりが出てしまう。「起こる事全てを受け入れよう!」
    *「今日一日、出来る限り努力しきった、と自分の心にウソ偽りなく言えるかどうかが大切」
    *プラス思考とは、未来を指すものではなく、過去に対するもの
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月04日

    ガリバーの経営書のようだが、会長がパリから東京まで、13000kmを走った記録。なぜそんなことを始めたのか、道中の言動から見る示唆、苦境に立たされた時の行動などで、急成長したガリバーの真髄をさぐっている。ランナーにとっては、毎日43kmを走ることの苦労がよくわかるので、ランニングの書としても楽しめる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月20日

    この勇気とスケールの壮大さ、そしてこれが経営トップのリーダーシップなのか、本当に考えさせられた。感動の記録です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月12日

    ガリバー会長のユーラシア横断の記録。
    だが、ベンチャーの社長に読んでもらいたい本。
    破天荒だが、大きな挑戦をするというのは、そこに通じるものがある。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています