なぜ日本企業は真のグローバル化ができないのか―日本版GOM構築の教科書

なぜ日本企業は真のグローバル化ができないのか―日本版GOM構築の教科書

作者名 :
通常価格 1,555円 (税込)
紙の本 [参考] 1,944円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

強い日本型グローバル本社のつくり方

「事業のグローバル化」から「経営のグローバル化」へ
“日本企業ならではの”経営効率化の仕組みをつくる

シーメンス、BASF、LIXIL、日本板硝子、
日本たばこ産業(JT)、京セラ、日立製作所
日独企業の挑戦に学ぶ、GOM構築パターンと「8カ条」

【日本版GOM構築の8カ条】
第1条 事業・地域軸の壁を崩す
第2条 情報をグループ内で「公共財化」する
第3条 機能軸による統制力を強化する
第4条 「守るべきもの」を担保する仕組みを構築する
第5条 GOMを構築し、動かす人材層の厚みを確保する
第6条 グローバルに伝えられる「価値観、行動指針」を“再構築”する
第7条 事業×地域×機能の最適解を議論するマネジメントチームを構築する
第8条 長期にわたるGOM構築シナリオを保持する

日本企業は、グローバルに展開された、各活動のどこを変革し、どこを変えないかを見極める必要がある。
提供する製品・サービス、市場環境によってその処方箋は異なると思われる。
その答えは、おそらく欧米のモデルの模倣ではなく、日本企業独自の事業軸・地域軸を統括するグローバル本社機能を構築することではないか。

本書では、日本企業のマネジメントの問題点(第1章)、海外グローバル企業の事例研究(第2章)、日本企業の取り組み(第3章)、日本型グローバル本社の構築の方向性(第4章)という形で、日本企業ならではの取り組むべきことの処方箋を示している。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
272ページ
電子版発売日
2015年12月04日
紙の本の発売
2015年12月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2019年02月13日

グローバルオペレーティングモデルに関する事例集と、著者による体系化したもの、そして意見。
グローバル展開した時に経営管理どうしましょうかね?業界や事業や社風等、企業毎に環境は違うから最適なものを考えないと機能しないよね、って本。
個人的には良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月30日

なるほどと思わせる記述も多数散見されました。
個人的には、日本企業がグローバル化ができない理由は、
経営幹部層の日本人:外国人の比率の悪さだと思います。
いうならば、日本人を優遇して、外国人を人事面で差別しているからだと思います。

駐在員制度などは、以前の典型的な海外進出の方法でしたが、
今は、ほ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月07日

益々強まるグローバル化の流れの中で、
日本人駐在員に頼った日本企業の成長は限定的。
真のグローバル企業になるためにすべき「GOM構築」の必要性を説いた内容。

国・文化・(M&Aの場合)会社も異なる海外事業、
これまでの事業軸だけの管理から、機能軸の管理を強めることで、
より強い組織足りえる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月11日

幾つかの企業の事例を入れつつ、具体的な組織構築の手順を示している。特にシステムの統一が、企業のグローバル化に不可欠であるという視点は、とても面白い。またグローバル企業として、日本企業らしさが仇になるケースがあることを改めて認識できた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月28日

メーカーのように、基本ひとつの事業が占める割合が高い企業群と、そうでない企業群で、また少し様相が違うと思いますが、それでも、このGOM(global operating model)という概念により、いままでもやもやしていた事業管理のグローバル化を考える上で、頭を整理する材料を得られました。


...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています