肉と衣のあいだに神は宿る

肉と衣のあいだに神は宿る

作者名 :
通常価格 1,324円 (1,204円+税)
紙の本 [参考] 1,705円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

婚活、疲れました。

とんかつの名店情熱とん。看板娘の密かな特技は客の好みと寸分違わぬ味噌汁を作ること。とんかつ屋のコンカツをめぐる4つの物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
256ページ
電子版発売日
2015年11月20日
紙の本の発売
2015年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

肉と衣のあいだに神は宿る のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年10月16日

    松井雪子さんの本を読むのは初めてなのですが、感覚を刺激されるわぁ…という印象。
    私自身も大切にしたいと思っていることが描かれていて、共感をくすぐられる作品でした。やさしい気持ちになれました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月26日

    読むと「トゲトゲしている心」が心が丸くなるような心が喜ぶ作品。名物「さくさくかつ丼」と、主人公の美衣が作るおみそ汁が提供されるとんかつ屋の「情熱とん」。美人看板娘の美衣が「婚活」を始めるのだが、なんとなく消極的な感じ。特に大きな事件もなく、ひたすら穏やかさに包まれて話は進む。この話、「悪い人」という...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月25日

    とんかつ屋さんの娘である主人公は、婚活に励んでいる。
    とんかつ、こんかつ。
    お客さんに合わせた味噌汁を作ってしまう穏やかな彼女に、幸せはやってくるのか?婚活が幸せなのか?

    これを読んでいると、「とんかつ」が食べたくなります。
    もちろん主人公の味噌汁つきでね。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年06月09日

    数年前から気になっていた一冊。
    帯書きに婚活という言葉が書かれていたけれどそれだけがメインではなく、一話ごとに気乗りのしない婚活・自分らしくいられるトンカツ屋・淡い片思いが描かれる。
    登場人物たちが魅力的なので、一冊書き下ろしで踏み込んだ話を読んでみたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています