護憲派メディアの何が気持ち悪いのか

護憲派メディアの何が気持ち悪いのか

作者名 :
通常価格 750円 (682円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

安保法制を「戦争法案」と煽った左派マスコミや知識人。「徴兵制になる」などと事実無根の報道や主張を繰り返し、冷静な議論を行わず対案も出さない彼らに、えもいわれぬ「気持ち悪さ」を感じたのは著者だけではあるまい。歴史から学ばず、法案すら読んでいない彼らこそが、平和への足枷となっている、と著者は説く。護憲派メディアや知識人に共通するのは「まず安倍批判ありき」という姿勢である。そこには理性的で緻密な検証はなく、感情的な議論しか存在していない。本書では、アベノミクス解散から、ISIL(「イスラム国」)、安保法制までをめぐる各新聞、テレビ等の報道を緻密に分析し、呆れた偏向報道の実態をつまびらかにする。気鋭の評論家が冷徹に時代を読み解いた、必読の書!

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2015年10月23日
紙の本の発売
2015年09月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

護憲派メディアの何が気持ち悪いのか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年10月10日

    いまだに朝日新聞を筆頭とする反日偏向マスコミを信じる奴がいるというのが信じられない。連中のやっているのは報道ではなくプロパガンダであることは明白だが、祖国を貶めることに必死になる思考のメカニズムは全く理解出来ない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月30日

    書名に品を欠くとは言え、内容は概ね論理的。マスメディアに一言一句過つなとは言わないし、それぞれ立場があるのも解すが、事理を真っ当に弁識し報道という立場を弁えて貰いたい。
    まあ政治に限らず国内犯罪やスポーツに於いても日本のマスメディアは三流以下なとこが多いけど。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています