自註鹿鳴集

自註鹿鳴集

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

歴史、美術への深い造詣を背景に、奈良の古寺、古仏を愛してのびやかに“やまとくにはら”へのつきない憧憬を詠みつづけた自然人、会津八一。万葉調を近代化した新鮮、独自の歌に、自ら平明詳細な註を付したこの歌集は、歌と自身の長く豊かな交流を読む人に語りかけて、会津八一の“詩と真実”ともいうべき最晩年の偉業である。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 詩集・俳句
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2016年06月24日
サイズ(目安)
2MB

自註鹿鳴集 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

会津八一 のこれもおすすめ

一片の石

一片の石

無料あり
  • 試し読み

菊の根分をしながら

菊の根分をしながら

無料あり
  • 試し読み

支那の明器

支那の明器

無料あり
  • 試し読み

拓本の話

拓本の話

無料あり
  • 試し読み