二宮翁夜話

二宮翁夜話

作者名 :
通常価格 1,815円 (1,650円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

実践的篤農家であり、国学・儒学・仏教に通じ農政哲学を追究する求道者でもある。そして一家、一村、一藩の財政再建にはリアルなプロ。尊徳翁、かく語りき。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公クラシックス
ページ数
296ページ
電子版発売日
2015年10月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

二宮翁夜話 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年03月27日

    二宮尊徳というと学校に石像があり、寸暇を惜しんで勉強をしたということぐらいしか印象になかった。それも大事なことだが、そんなことよりもこの人物の深い教えを知ることのほうが大事だと思う。世界に誇ってもいい大人物だ。本の価格以上の価値がある本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月11日

    人道と天道の話がよい。天道はエントロピー増大の法則。人道は天道の中にありながら,人としていかに行動するかの法則。道徳と経済の関係。じっくり吟味していく。

    夜話というだけあって語り口調。音読にも適している。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月25日

    日本版論語。神道に儒教、仏教のエッセンスが合わさり形成された日本的思想に基づいた報徳経の思想はわかりやすく、すんなりと入ってくる。論語等古典を日本人の感覚に合うように取捨選択したうえで解説してくれるのがうれしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月23日

    二宮尊徳の教えを綴った本。体裁としては論語の様で、門人の福住正兄が二宮尊徳が他人や自分に対して言った事をそのまま綴っている。
    言葉は平易で読みやすいが、その真意は深く、一つ一つじっくり考えていたら結構読むのに時間がかかった。
    論旨の根幹となるのが、「勤、倹、譲」と「自然(天道)」。
    前者は人の行為の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています