殺人者はいかに誕生したか―「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く―

殺人者はいかに誕生したか―「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く―

649円 (税込)

3pt

世間を震撼させた凶悪事件の殺人者たち――。臨床心理士として刑事事件の心理鑑定を数多く手掛けてきた著者が、犯人たちの「心の闇」に肉薄する。勾留施設を訪ねて面会を重ね、幾度も書簡をやりとりするうちに、これまで決して明かされなかった閉ざされし幼少期の記憶や凄絶な家庭環境が浮かび上がる。彼らが語った人格形成の過程をたどることで、事件の真相が初めて解き明かされる。

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

殺人者はいかに誕生したか―「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く― のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    憎むべき凶悪犯罪を犯した人間の生い立ちについて、深く鋭く書かれている。

    筆者が言うように、犯行の動機等が明らかにならないまま、世論の「極刑止む無し」の声に後押しされて裁判が終了してはならないと強く感じた。

    「罪を憎んで人を憎まず」の言葉が思い浮かんだ。

    0
    2022年10月31日

    Posted by ブクログ

    最近、幼少期の体験と心の闇に興味があります。
    かわいそうな人が減っていきますように。
    また、司法がもっと今後の悲劇を生まないためのものになりますように。

    ========

    47
    生来的な素因に成育上の問題点が付加され、両者が相乗的に作用し合い、さらには犯行直近に社会的ストレスが加わるといういくつ

    0
    2019年12月18日

    Posted by ブクログ

    臨床心理士による殺傷事件の加害者との交流からの考察。
    幼児期の愛着関係、家族との関係性の質、学校や社会での対人関係、事件が起こる直前のストレスなど複合的に絡み合っていることを物語のように説明。
    加害者本人寄りの発言と自らだけに心を開いているという思いを強調しているような印象は否めないが、再犯予防のた

    0
    2018年12月01日

    Posted by ブクログ

    殺人者はいかに誕生したか:「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く。長谷川博一先生の著書。凶悪犯罪者と呼ばれる殺人事件の加害者たちのこれまでの生育環境、家庭環境、生活環境に焦点を当てています。人間の人格形成や価値観の形成にあたって、生育環境、家庭環境、生活環境がどれほど重要であるかが理解できる良書です。

    0
    2018年08月09日

    Posted by ブクログ

     この本を読んで、殺人事件の加害者や裁判についての認識が変わった。
    どの事件も猟奇的で衝撃的なものばかりだが、そうなるべくしてなったものばかりであることが分かった。もちろん、一人の臨床心理士による解釈に過ぎないため真の事実は分からないが、加害者にも何かしらの事情があることは確かであるだろう。
     殺人

    0
    2015年07月01日

    Posted by ブクログ

    穿った両親。不遇な幼少期。
    傷ついた心が犯罪に走る原因の一つ。
    だけどそれだけを理由にするのは逃げだとも思う。

    0
    2024年04月06日

    Posted by ブクログ

    数々の犯罪者と触れ合ってコミュニケーションを取ってきた臨床心理士の著者ならではの一冊。
    自分でも当日よくニュースで見聞きした犯罪者たちの生い立ちや、当時のニュースからは知ることのなかった背景を知ることができて興味深い。
    実際に殺されてしまった人がいるので犯罪は犯罪として当然裁かれなくてはならないけれ

    0
    2022年08月05日

    Posted by ブクログ

    凶悪犯罪、連続殺人事件といった言葉から想像するような犯人というものとは少し様相を呈しました。もう、言葉も通じない荒くれかと勝手に思っていました。
    実際の彼らの生い立ちは悲惨極まりない場合が多くて、可哀相だよ、と心の中で同情してしまいました。
    被害者であるうちに、助けてあげれば違ったのでしょうか。

    0
    2021年02月20日

    Posted by ブクログ

    題名のせいか、読みだすまでに時間が掛かった。しかし読み始めると、ディープな内容に関わらず、どんどんと引き込まれてゆく。

    真実を明らかにして、同様な犯罪の再発防止と、社会的支援のあり方を探ろうとする著者が、量刑判断の場としての裁判所、そして、量刑を軽くする事を一義的目的とする弁護団との間で苦労する姿

    0
    2018年11月26日

    Posted by ブクログ

    重大凶悪事件を起こした人達を
    臨床心理士との獄中対話で読み解いたルポ

    重大凶悪事件は以下
    池田小学校児童殺傷事件の宅間守
    埼玉連続幼女誘拐殺人事件の宮崎勤
    大阪自殺サイト連続殺人事件の前上博
    光市母子殺人事件の元少年
    同居女性殺人死体遺棄事件の男性
    秋田連続児童殺害事件の畠山鈴香
    土浦無差別殺傷事

    0
    2018年09月20日

殺人者はいかに誕生したか―「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く― の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング

長谷川博一 のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す