寂しさの力

寂しさの力

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
紙の本 [参考] 756円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人間のもっとも強い力は「さみしさ」だ。スティーブ・ジョブズ、ウォルト・ディズニー、坂本龍馬、山口百恵や酒井法子……世界を変える偉人やスターは、みんな猛烈なさみしさの持ち主だった。彼らは精神的「飢え」をいかにして生きる力に変えていったのか。自身の喪失体験をもさらけ出して人生の原動力を示した筆者の新境地。さみしくても大丈夫、ではない。さみしいから、大丈夫! なのだ。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
電子版発売日
2015年09月11日
紙の本の発売
2015年03月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年07月24日

芸能ライターの著者が、文字通り「寂しさが生み出す力」について語った一冊。

芸能人などは寂しいが故に発する光があり、孤独が故に妥協せずに努力するなど、まさにその通りだと思う反面、そういう人はたとえ成功しても安住の地を見出すことができず、たとえ社会的成功を手にしても気の毒だと思った。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年06月21日

2015年の23冊目です。

人間を突き動かすのは、”寂しさ”であるという著者の人生経験から生み出された考えに基づいて書かれた本です。
数々の偉人たちの心にも”寂しさ”が宿り、それが彼らを偉人たらしめるエネルギーになっていると説いています。
ウォルト・ディズニー、ヒトラー、坂本竜馬、スティーブ・ジョ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年04月26日

ジョブスも、ディズニーも、山口百恵も、ヒトラーもみんな寂しさがバネになって、活躍したのだと説く。自身の話も多く、情緒的な部分もあるが、読みやすくまあまあおもしろかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月11日

悲しいとはちがう「寂しさ」という感情は、自分に置きかえてみてもよくわかる感情だ。人は寂しさを抱えて生きている。たぶんだれもがそれぞれの寂しさを抱えて生きている。その寂しいという感情をどうにかしようとして、もがきながら生きている。そう考えると、少し勇気がでた。少し楽になった。寂しさは消えないけれど。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月04日

20150504 寂しさの力。分かったような分からないような。寂しさに慣れない人は辛いのかもしれない。慣れてしまうと力にもならないような気がする。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play