AEC 期待と不安の発足

AEC 期待と不安の発足

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ASEAN(東南アジア諸国連合)に加盟する10カ国が参加するAEC(ASEAN経済共同体)が2015年末に発足する。総人口6億2500万人、名目GDP2兆4000億ドルの巨大市場だ。名称からして欧州連合(EU)に発展した欧州共同体(EC)を連想するが、何が変わるのだろうか。設立の目的と狙い、日本企業によるAEC活用策などを探った。
 本書は週刊エコノミスト2015年6月30日号で掲載された第2特集「AEC 期待と不安の発足」の記事を電子書籍にしたものです。

目 次
・はじめに
・タイとインドネシア 「呉越同舟」の両大国
・マレーシア 議長国が取り組む通貨安対策
・ECってどんな組織? 拡大、深化して発展するASEAN
・フィリピン 日本企業のAEC活用のカギ握る

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
毎日新聞出版
電子版発売日
2015年08月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

AEC 期待と不安の発足 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています