交渉で負けない絶対セオリー&パワーフレーズ70

交渉で負けない絶対セオリー&パワーフレーズ70

作者名 :
通常価格 1,232円 (1,120円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

交渉の本場・ニューヨークで百戦錬磨の日本人弁護士が教える交渉術。「譲歩するときは、譲歩の幅を徐々に小さくせよ」「相手の主張に賛成しながら、有利な方向へ話を導け」「壁にぶつかったら『半分ずつ負担しよう』と言え」など、序盤戦からクロージングまで交渉ですぐ使える実践ノウハウを一挙紹介!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
240ページ
電子版発売日
2015年07月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

交渉で負けない絶対セオリー&パワーフレーズ70 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年12月18日

    いわゆるアンカリングやBATNAといっ た交渉学というよりも、提案の順序やイエ スバットなど実務よりの心理戦の型70 選。

    こうした交渉術の著書に触れるたび、もっとも重要な事とは「どのような結論に持っていきたいかを、言語的に認識している」ことの重要さが沁みる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月11日

    ロジャー・フィッシャーをはじめ交渉学関係の本は15冊ほど読んだが、交渉の際の具体的な応酬話法に言及した本は少なかった印象がある。
    体系的に理論の学習はもちろん必要だが、具体的なケースでの自分の目的達成のためには「どのようなフレーズで切り返すか?」という視点がないと現実では交渉学は生きにくい。
    本書は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月26日

    交渉時における駆け引きや心理を筆者の体験をベースに書かれた本。筆者は企業弁護士なだけあって、ビジネスマンを意識した内容であり、非常に勉強になった。交渉相手と対峙している時だけではなく、その前後においても色々と試行しながら交渉に臨むのが大事だとこの本を読んで分かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月15日

    社内交渉術の勉強で購入しましたが、値段交渉の話がメインなのでそれ以外のケースを期待していると物足りないかもしれません。それでも「要求はすんなり通りと相手は損した気持ちになる」「最初に値段示したら、カウンターを必ず主張」「前例使ってきたら違いを主張」「最終判断は相手に委ねる」等色々実例踏まえながら意識...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月18日

    ニューヨークで活躍する弁護士さんが書いた交渉術の本。わたしはもともと交渉事を飯の種にしていたことがあり、書店でなんとなく目についたので読んでみました。

    70個のショートストーリーとその教訓、みたいな内容になっています。最初のオファーは相手に促せ、自分から予算を言うな、「松竹梅」の心理、合意直前の譲...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています