NARUTO―ナルト― シカマル秘伝 闇の黙に浮ぶ雲

NARUTO―ナルト― シカマル秘伝 闇の黙に浮ぶ雲

作者名 :
通常価格 600円 (税込)
紙の本 [参考] 702円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【小説版登場!】いつごろからだろうか「めんどーくせぇ」と言わなくなったのは…? 忍界大戦から二年、木ノ葉の重要人物として、シカマルは日々を慌ただしく過ごしていた。ある日、各地から忍が大量失踪しているという報告が入る。サイも消えた。消えた忍の行く先は、謎の帝国『黙の国』…。 忍として、大人として、背負うものを守るため、シカマルは新たな時代の影と戦うことになる。秘伝シリーズ第二弾!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ジャンプジェイブックスDIGITAL
ページ数
226ページ
電子版発売日
2015年07月03日
紙の本の発売
2015年03月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年01月28日

忍界大戦から二年後の話。火影カカシ先生。シカマルは子供の頃とは違い、働き者になってる。最後は本来のシカマルらしく、ゆるくいい感じになってよかった。大人になったねシカマル。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

一気に読み終えました

やまなみ 2015年08月09日

シカマルの「めんどくせー」って言うお決まりのセリフとゆるい性格、実は頭が良くて賢いのに、目立ちたいとも思わなければ偉くなりたいという意思も持たない、「まあそれなりに生きれたらいいか」…そんな考えを持つ彼がとても好きです。

この本はそんな彼が迷い葛藤するお話でした。
めんどくせーと言いながらな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年06月02日

シカマルいいわー。カカシとダブルところがあるのです。
私もこんな性格だからこの二人が好きなのかもです。
1位カカシ 2位シカマル 3位デイダラ 4位ビー 5位ダルイ...こうすると共通するかも爆笑

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play