星は歌う 1巻
  • 完結

星は歌う 1巻

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

従兄弟で親代わりの奏と2人で暮らす椎名サクヤ。辛いときや哀しいときはいつも星を見上げ励まされてきた。そんなサクヤの誕生日に突然現れた不思議な少年チヒロ。優しい言葉を残し去っていった彼は一体、誰――!? はぐれ星たちの片恋ダイアリー、待望の第1巻!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
白泉社
掲載誌・レーベル
花とゆめ
ページ数
183ページ
電子版発売日
2015年07月01日
サイズ(目安)
33MB

星は歌う 1巻 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年01月30日

    全巻読み終わりました(^^)/
    高屋さん流石です!!私もこの『星は歌う』がスタートしてから何回か流星群を見に行きました(^^)
    とてもキレイでしたよ☆

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月13日

    切ない切ない、どうしようもない片恋が巡り巡る…。

    それだけ書くと単なる有りがちな恋愛漫画? となってしまいそうですが、そこは高屋さんが描き出す世界。人が人として生きてゆくなかで生まれいづる、痛みも哀しみも葛藤も苦悩もきっちり描かれています。

    最終回手前は…もう…読んでいるだけで絶望に浸されてしま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月23日

    フルバ以外の高屋さんの作品が想像できなかったけれど…これはフルバとまた違って良い!フルバのようなファンタジー要素はなくても素敵な作品でした。人間味溢れる作品で見ごたえがあります。最終巻気になる~…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月28日

    前作フルーツバスケットの大ファンで手に取ったこの漫画。

    でたばかりのころに1巻だけ読んだときは惹かれなかったけど、いまはとても感情移入してしまう。



    泣きたくなるほどのやさしい気持ちをもらった。

    自分も、だれかにやさしくありたいって気持ちになる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月15日

    フルバに引き続き、ほんとに高屋先生の描くキャラの
    傷の深さは重いですねー…
    そういう主人公が健気に明るく生きてる様に大変惹かれます。
    あと似非爽やかな笑顔のドSが好きなんですかねーわたしはwww
    しかし9巻が大変アレな終わり方で、年明けから花ゆめ買い始めたので
    まぁなんとなく話は繋がったんですけれど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月29日

    高屋奈月やっぱ好きだわぁと思った。
    中身もタイトル通り”星”を連想させるような静かな感じ。

    最後らへんで奏がサクヤに
    「お前みたいなヘナチョコな人間が、もう少しだけ幸せに
    生きられる世の中だったらいいって・・・思わなくもない」
    って台詞がすごく好き。この台詞こそ高屋奈月なんじゃないかと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月04日

    フルバ以降高屋さんの作品は絶対買いに。重くてシリアス度かなり高いけど、同じぐらい共感して救われる部分も多々。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    大好きな高屋先生の漫画です
    チヒロ君のツンデレ萌え
    サクがかわゆいです

    フルバとは違う面白さがあります!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月29日

    高屋さんの作品ということで、全巻読破。
    相変わらず、キャラ同士のかけあいが可愛らしくおもしろい。
    ユーリと沙巳と奏ちゃんが好き。
    高屋さんの描く男性は本当に魅力的だわ・・・と思う反面、主人公カップルにいまいち感情移入できなかった。
    終わりも「うーん」といった感じ。「彼女」はもういないのだと思っていた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月20日

    高屋さんの話は、いつも共感して、涙が出てきて、読み終わると綺麗な気持ちになります。

    みんなそんな強くないんだよ、でも、それでもいいんだよ。いろんな人がいて、ダメなところがあったって、いいんだよ。
    そんなお話です。
    全部が全部うまくはいかないけど、でも小さい幸せを見つけて、みんなが幸せになれて、良か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

星は歌う のシリーズ作品 全11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~11件目 / 11件
  • 星は歌う 1巻
    完結
    495円(税込)
    従兄弟で親代わりの奏と2人で暮らす椎名サクヤ。辛いときや哀しいときはいつも星を見上げ励まされてきた。そんなサクヤの誕生日に突然現れた不思議な少年チヒロ。優しい言葉を残し去っていった彼は一体、誰――!? はぐれ星たちの片恋ダイアリー、待望の第1巻!
  • 星は歌う 2巻
    完結
    495円(税込)
    サクヤのクラスにやってきた転校生の葵千広は何とあの“チヒロくん”だった!! 超動揺するサクヤに対し冷たい態度の千広。そんな気まずい空気のまま迎えた部活説明会で事件は起きた――!? 果たして2人の距離は近づくのか…?
  • 星は歌う 3巻
    完結
    495円(税込)
    奏に千広のことがバレてしまい気まずいサクヤ。怒り心頭な奏に会ってもらえないか千広に頼んでみるものの…。夏休みまであと少し!高校生活最後の夏合宿をかけたテスト勉強におわれるサクヤのもとにやって来た人物とは一体誰――!? はぐれ星たちの片恋ダイアリー!
  • 星は歌う 4巻
    完結
    495円(税込)
    クラスメイトや沙己に煽られるもサクヤへの自分の気持ちが分からず、イライラする優里。そんな時、あるハプニングからその想いに気付いてしまい…!? いよいよ夏休み突入☆ ついにやってきた合宿は、千広の思いがけない優しい態度に、サクヤのドキドキはとまらなくて…☆
  • 星は歌う 5巻
    完結
    495円(税込)
    一緒に行く約束をした花火大会当日。発熱で来れなくなった千広を気にかけるサクヤ。沙己のすすめで戸惑いながらもお見舞いにやってきたサクヤに千広の反応は…!? そして、千広の誰にも知られたくなかった東京での哀しい過去がサクヤに知られてしまい…。
  • 星は歌う 6巻
    完結
    495円(税込)
    千広の過去に関する資料を手渡されたサクヤ。そこには東京での哀しい事件が記されていた。全てを知った今、千広に会うためサクヤは立ち上がり…!? サクヤ・千広・聖・ユーリ、それぞれが前に進むため変わり始める☆
  • 星は歌う 7巻
    完結
    495円(税込)
    二学期が始まり、優しくなった千広の態度にドキドキするサクヤ。ホカン部で星空観賞会に出かけた帰り道、千広と急接近して!? 「奏の過去」と「サクヤとの出会い」、そして「現在の想い」が浮き彫りになる必見の第7巻☆
  • 星は歌う 8巻
    完結
    495円(税込)
    ようやくお守り役の沙己の存在を意識しはじめた聖。何度好きと言われても信じられず、素直になれなかったその理由とは…? 一方、文化祭を前に盛り上がる校内。サクヤとユーリの親密な姿を見て膨らんでいく苛立ちに、千広はサクヤへの想いを少しずつ自覚していく――。
  • 星は歌う 9巻
    完結
    495円(税込)
    家族に進路を反対されて悩むユーリは、サクヤと千広の間に漂う親密な空気に頭を悩ませていた。しかし残り時間はあとわずか…。ユーリは心を決めてサクヤにある想いを告げ!?
  • 星は歌う 10巻
    完結
    495円(税込)
    二人で写真展に行った翌日から、千広が学校に来なくなってしまう…。事情がわからず心配するサクヤたち。そして久々に登校した千広の口から、東京のサクラに会いに行っていた事実が告げられて…!? 片恋急展開の第10巻!!
  • 星は歌う 11巻
    完結
    495円(税込)
    目覚めていた桜を支えるため、千広は東京へ戻ることを決める。千広の決意に周囲は戸惑うが、やがてその選択を受け入れて…。そしてサクヤが千広に想いを告げられないまま卒業式が近づき…? このまま千広と離れてしまうのか!? サクヤの恋の結末は!? 感動の最終巻!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています