世界史怖くて不思議なお話
作者名 :

1巻配信中

価格 540円 (税込)

現在大ベストセラーとなっている『本当は恐ろしいグリム童話』。よく知られている童話に隠された暗部を、流麗な筆致で描き出したのが著者の桐生操氏である。 本書は、華やかに彩られた世界史の表舞台の陰に隠され、迷宮入りしたさまざまな歴史ミステリーの真相に、桐生氏が鋭く迫る好著。 「処刑されたはずの聖処女ジャンヌ・ダルクがその5年後に姿を現した」「希代の英雄ナポレオンは“見えざる力”に操られていた」「モーツァルトの不可解な死の謎を解く三つの説とは?」「虐殺されたロシアのロマノフ王朝最後の皇女アナスタシアは生きていた」……歴史好きならずとも興味津々の話題が満載。 著者名の桐生操は、女性二人の共同ペンネーム。二人は共にフランスに留学し、帰国後、人物の評伝をはじめ、歴史の知られざるエピソードを紹介する著作を多数発表している。本書は、いわば桐生氏の最も得意とするテーマであり、歴史に潜む怖さと不思議さを満喫できる一冊。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2015年06月19日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

世界史怖くて不思議なお話

Posted by ブクログ 2005年06月23日

モーツァルトの行を読んだらアマデウスが観たくなった。
ジャンヌダルクの行を読んだらジャンヌダルクを観たくなった。

歴史の狭間に蠢く人々のディティールに迫る!
的な。

このレビューは参考になりましたか?

世界史怖くて不思議なお話

Posted by ブクログ 2005年12月30日

世界史に興味を持って一番最初に手にした本です。何より編年体でない文章はとっつきやすい(ただ編年体でないが故、真実味を欠く部分もありますが)。歴史って苦手、という方にも読んでいただけるのではないかと思います。

このレビューは参考になりましたか?

世界史怖くて不思議なお話

Posted by ブクログ 2012年09月30日

『歴史とは、了解された嘘である』

ってことで、様々な歴史上の偉人の
裏側というか異説を集めた話しの小ネタ本。

歴史ってのは物語だから、色んな妄想を
膨らませられるから飽きないんですよね。

本としちゃ平凡な出来です。

このレビューは参考になりましたか?

世界史怖くて不思議なお話

Posted by ブクログ 2010年12月17日

「世界史怖くて不思議なお話」3

著者 桐生操
出版 PHP文庫

p55より引用
“彼の本名、ボンバスツスは、のちに英語で
「誇大妄想症(Bombast)」という意味の
名詞になっているほどである。”

女性二人組みの著者による、
歴史上実在した人物達の怪しげなエピソードを、
色々な方向から紹介す...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

世界史怖くて不思議なお話

Posted by ブクログ 2008年02月11日

実は生きていた、というオチが多くておもしろい。歴史を歩き災いをもたらす赤い服の男サン・ジェルマン伯爵をもっと知りたい。

このレビューは参考になりましたか?