昭和天皇と鰻茶漬 陛下一代の料理番

昭和天皇と鰻茶漬 陛下一代の料理番

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

谷部は十七歳で宮内庁に入り、「天皇の料理番」秋山徳蔵の薫陶を受け、以後陛下一代の料理番となる。その苦心の数々と陛下への尊崇の念を綴る一冊。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
電子版発売日
2015年06月12日
紙の本の発売
2015年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

昭和天皇と鰻茶漬 陛下一代の料理番 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年09月16日

    昭和天皇の和食担当だった料理人のエッセイです。
    生い立ちから宮内庁への就職、昭和天皇の人柄に触れて「昭和天皇一代」と心に決めて仕えた筆者。
    最初は料理の事だけ書いているのかと思いましたが、料理にまつわるうんちくだけではなく、なかなか知ることのない宮内庁のシステムや垣間見えた昭和天皇の人柄が興味深いで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月28日

    職人の書く文章というのが好きなのですが、この本は"天皇の料理番の裏側"とも言うべき職人の世界を垣間見ることができる、なかなかに素敵な本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月15日

    昭和39年に宮内庁大膳課に奉職、昭和天皇一筋に仕えた著者。文章は読みやすくあっという間に読みました。宮中行事の料理は伝統厳守、でも普段は普通のお料理を召し上がるのですね。好きなもの、食べたいものを気軽に口に出来ないお立場、鰻茶漬けや箱根芋の話、紅白歌合戦の勝敗を尋ねたことなど、とても人間味あふれる昭...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています