『悪夢のエレベーター』の鬼才が描くババ抜き勝負!

女王ゲームとは命がけのババ抜き。優勝賞金10億円、イカサマ自由、但し負ければ死。裏をかきあい知力を尽くす死亡遊戯の開始だ!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2015年05月29日
紙の本の発売
2013年12月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

女王ゲーム

Posted by ブクログ 2015年04月04日

世の中すべてが狂っているのにほとんどの人が気づいていない。靴の裏で踏み潰される蟻が人間の大きさを認識できないように。東大を卒業してエリート街道を歩み、普通に結婚して子供を作り円満な家庭を築く。幸せを約束された未来にどこか不安を抱いていた。ありえない世界に巻き込まれ、昨日までの現実がガラガラと音を立て...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

女王ゲーム

Posted by ブクログ 2014年06月13日

【経緯】
テンポいい本が読みたくて

【感想】
始めの数ページで心躍る。
少年ジャンプのような設定のワクワク感。
天才の挫折と進化。
愛すべきキャラクターたち!
生意気な圧倒的天才のひまりちゃん
愛すべき猪突猛進な努力家の今日子

【好き】
「可愛い私の豚野郎」

【なるほど】
相手に自分のすべてを...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

女王ゲーム

Posted by ブクログ 2014年03月20日

賞金10億円。
敗北すれば女王の死。
それが女王ゲーム、命がけのババ抜き。
参加者は美女と奴隷のペア、イカサマ自由、細工したカードの持ち込み可。
人並みはずれたルックス、頭脳、運動神経に直感ー淡路島で知らぬ者のいない有名人・村山英五は東大入学式直前、恋人の初芝今日子とデート中に高校の英語教師サラに銃...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

女王ゲーム

Posted by ブクログ 2018年06月26日

【ジェットコースターに人はなぜ乗るのか?】

久しぶりに木下半太氏の作品読んだ。これは面白い。木下氏の書く面白さは、生まれ持ったセンスがなければ成立しない。そのくらい自然に面白かった。明日忘れてしまっているかもしれない、誰かにわざわざ勧めるわけでもない。だとしても自分のために絶対に本棚にあって欲しい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

女王ゲーム

Posted by ブクログ 2018年06月15日

賞金10億円。敗北すれば死。それが女王ゲーム、命がけのババ抜き。参加者は美女と奴隷のペア、イカサマ自由、細工したカードの持ちこみ可。主催する謎の美女に挑むのは、イケメン東大生と美女教師、都知事と女子中学生、崖っぷちアイドルとオタクの三組。策略とイカサマの果てに勝利するのは?驚異のドンデン返しギャンブ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

女王ゲーム

Posted by ブクログ 2014年11月27日

勝てば10億円負ければご主人様が剥製にされるイカサマありのババ抜きゲーム

イカサマのゲーム性はそんなに複雑なことはやってない
むしろ、そんなリスクを負ってその程度のメリットしかないの?と思う
それよりも重要なのは奴隷気質ってことなんだろうけどね

残酷なゲーム設定の割にそんなに悲惨さを感じないのは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

女王ゲーム

Posted by ブクログ 2014年09月16日

女性は強いというか、怖いというか。
執念深い生き物ですね。
そこまでしますか!?って思いました。
敵にしたくない。。。

このレビューは参考になりましたか?

女王ゲーム

Posted by ブクログ 2014年02月28日

ドSは震え、ドMは悶える。
女王と奴隷の、金と命を賭けた「ババ抜き」が今、始まる!
怪しきサスペンスSMミステリー。
……女って、恐い。
***
会社の上司からお勧めして貸して頂きました。初・木下半太作品。
ドMにはたまらないかもしれない小説。カイジやライアーゲームが好きな人は好きかも。
ヤングジャ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

女王ゲーム

Posted by ブクログ 2014年01月19日

何時もの、この方の作品より軽快なテンポが落ちている気がします。ゲームの設定は割と好きだったので残念。

このレビューは参考になりましたか?

女王ゲーム

Posted by ブクログ 2014年01月07日

人間の深層心理を深く掘り下げると、奴隷と女王、もとい使うものと使われるものに分かれるか。

従える者と仕える者。

いつもの木下節とは異なるが、テンポは相変わらず。

ラストの強引さはここのところパターン化してきたな。

このレビューは参考になりましたか?