男がつらいよ

男がつらいよ

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

男たるもの正社員として働き、結婚して、子どもをもち、さらにはイクメンになることが求められており、男性の役割・プレッシャーが大きくなっている。男性学という今注目分野でトップを走る著者が現実を切っていく。
【目次】
第1章 男性はなぜ問題を抱えてしまうのか
第2章 仕事がつらい
第3章 結婚がつらい
第4章 価値観の違いがつらい
第5章 これからの時代をどう生きるか

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
KADOKAWA
電子版発売日
2015年05月20日
紙の本の発売
2015年05月
サイズ(目安)
2MB

男がつらいよ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年07月11日

    社会学の本を読むのに「気の利いた皮肉」が好きな点もあるのかもしれない。男の生きづらさを皮肉を織り交ぜ。うなずく部分が多くあった。
    学生が使う「やばい」と若者が使う「すごい」は似ている。
    大人は「やばい」とは言えないけど「すごい」と言われても、その意味は「すごい(バカ)ですね」の意味かもしれない。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月12日

    先日読んだ上野千鶴子先生のフェミニズムの本は、社会をA面とB面に分けるならばA面が経済活動や仕事の世界、B面が子育てなど家族の問題、社会的弱者の世界で、B面の苦しさについて書かれていた。この本は、先ほどの本では既得権益まみれで他者への思いやりに欠けるのようにみえたA面の苦しさにフォーカスしてる。セッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月19日

    なんとなくとりとめなく違和感があり、でもまあ、男の方が女より降りにくいのだと言われるとやったことがないので反論しづらく。
    今ウーマンリブ読むと痛いのと同じなんだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月04日

    いよいよ出てきたかー、という感じの男性の生き方本。「普通の男」として生きることが困難な時代に、どんな生き方が可能なのか、どんな生き方は不可能なのか、を立ち止まって考える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月27日

    内容はうすい。だけど、問題提起したことは大きい。

    中学生の時にクラスの男子から「女子は背負うものがなくていいよな。」と言われたショックを思い出した。
    かれこれ20年。時代は変わっただろうか。

    2015年から考えても、ジェンダーを取り巻く環境は変わったと思う。女性は声を上げるようになったし、抵抗す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月01日

    数字の根拠がないことや、文章が冗長すぎだと感じた。けれど「男性学」についてゆるく考えるにはいい本だと思う。男性の働き方についてゆるく柔軟に考える日本になればと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月06日

    男も大変なのは同意だが、あまり正論ばかりいわれてもつらいです。理性的に正しいことができないのが男の宿悪ですから。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年02月08日

    はじめに
    走るのをやめたとき見えてくるものがある
    男性が抱える不安の正体
    絶望の時代の希望の男性学
    帰ってきた寅さん
    違いのわかる男は黙ってビールを飲みますか?
    24時間は戦えませんし、戦う必要もありません
    転換点としてのSMAP
    男たちよ!自分に向き合うときがきた

    第1章 男性はなぜ問題を抱えて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング