ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうとしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。 同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。 なぜ赤の他人をここまで気にかけてくれるのか? 気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で鬱になり自殺した男のニュースだった――。第21回電撃小説大賞<メディアワークス文庫賞>受賞作。 スカっとできて最後は泣ける“すべての働く人たちに贈る、人生応援ストーリー”

ジャンル
出版社
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
電子版発売日
2015年05月14日
紙の本の発売
2015年02月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ちょっと今から仕事やめてくる

Posted by ブクログ 2018年11月11日

めちゃくちゃ感動した。
過重労働から転職して人生が変わったところまで、自分の体験と重ね合わせて読んだ。

登場人物がいいヤツで、不器用で爽快。小説を通して、「人生って自分で決めていいんだよ」っていう優しいメッセージを感じられた。

このレビューは参考になりましたか?

ちょっと今から仕事やめてくる

Posted by ブクログ 2018年10月27日

ブラック企業に勤める主人公の隆は、仕事に疲れ無意識に電車に飛び込もうとしたところを、同級生の「ヤマモト」と名乗る男に助けられます。ヤマモトとの出会いで人生が変わってきた隆ですが、飲みに行ったりして心の助けになっている「ヤマモト」が同級生でないことがわかります。最後にはスカッとして感動し涙します。仕事...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ちょっと今から仕事やめてくる

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年10月16日

いいわー。「働かないと生きていけないけど、社会のために個人が犠牲になる必要はない。誰にでも幸せになるチャンスは巡ってくる。」「自分の人生だけは自分で変えられる。」現代人の行き詰まる出口のないストレス生活を、軽いタッチで等身大に描き希望を訴えた作品。子供達に、死ぬな逃げろと教えるために読ませたいくらい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ちょっと今から仕事やめてくる

Posted by ブクログ 2018年10月12日

優しいタッチの文章で、自分と自分を思ってくれる人を大切にすることに気付かせてくれる、とってもあったかいストーリーでした。
結局別れてしまった二人がラストで出会うのも素敵♪

このレビューは参考になりましたか?

ちょっと今から仕事やめてくる

購入済み

おっぽちゃん 2017年05月29日

先が読めてしまうけれど、涙してしまいました。読み終わったあと、とてもあたたかい気持ちになりました。

このレビューは参考になりましたか?

ちょっと今から仕事やめてくる

購入済み

清々しい気持ちになれます。

hana 2016年12月03日

いろんな年齢層の方に読んでもらいたい本です。

このレビューは参考になりましたか?

ちょっと今から仕事やめてくる

ネタバレ購入済み

何となく

窓猫 2016年03月03日

会社にいるのが嫌になってる時に、たまたま見つけたこの本を勢いで買って読んでみました。
単純な話なのかもしれないけれど、それが心に刺さりました。
明日から自分の人生を頑張ろうと思います。

このレビューは参考になりましたか?

ちょっと今から仕事やめてくる

Posted by ブクログ 2019年01月03日

#2019年は読書の年にする

第1弾!
読書ビギナーでも読みやすく1日で読めちゃった
泣いた
ちっぽけで何の取り柄もない人間なんだよなぁって実感させられた。変えられるのは自分だけ
人生何のために生きてるの考えさせられる。

このレビューは参考になりましたか?

ちょっと今から仕事やめてくる

Posted by ブクログ 2018年12月29日

第21回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”受賞作

不思議なほどあっという間に読めてしまう作品です。
今時のテーマの作品だなぁと思いました。

3年続けば自分に合った会社かなと思うこともあります。
仕事が楽しい、会社が好きと思える人はごく限られた人ではないかとも思います。

ただひとつ思うのは、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ちょっと今から仕事やめてくる

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年12月02日

自分が楽しく、やりがいをもって働けない会社であれば、転職することが当たり前になってきていると感じていたが、自殺を考えるまで追い詰められてしまう主人公。早く立ち直って、つぎの人生に向かってスタートしてほしいのだが、ヤキモキする展開で、どんどん読み進められる。ミステリーの要素も付加され、最後まで一気に楽...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?