漱石書簡集
作者名 :

1巻配信中

価格 820円 (税込)

漱石の手紙を読むとこの類まれな人物のあらゆる心の動きがその温もりとともに伝わって来るように感ずる。全集版におさめられた二二五六通の手紙から友人の正岡子規、妻の鏡子、弟子の寺田寅彦・小宮豊隆などに宛てた一五八通を選んで注解を付した。漱石を知るための基本資料であるばかりか、それ自身が見事な作品である。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波文庫
電子版発売日
2015年04月30日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

漱石書簡集

Posted by ブクログ 2017年12月28日

某文学館で「夏目漱石の手紙」の展示をやっていて、見に入ったら思いのほか面白く、ミュージアムショップで買ってしまった本。

手紙が好きでものすごくたくさん書いた漱石。
友人の正岡子規。妻の鏡子。後進の芥川龍之介――そのほかたくさんの人々に、実にいろいろな手紙を書いています。
手紙というのは書き手の人と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

漱石書簡集

Posted by ブクログ 2012年10月23日

夏目漱石が友人や家族に向けた手紙が
まとめられています。
漱石を身近に感じられるような
日常の手紙もあり非常に興味深かったです。

昔の文章(~で候など・・)を読むのに
最初苦戦しました。

このレビューは参考になりましたか?

漱石書簡集

Posted by ブクログ 2012年08月01日

漱石が方々に宛てた手紙をまとめたもの。森見登美彦の恋文の技術のあとがきで紹介されていたので読んでみたが、面白かった。恋文の技術が好きだった人は読むといい。

このレビューは参考になりましたか?

漱石書簡集

Posted by ブクログ 2008年07月16日

2008.7月 読むこと二度目。
漱石の公平な紳士たる姿と。
だしゃれ好きな好々爺
また変人めいた言動とのギャップが
なんだかとても魅力的に思え、
これまで幾つか漱石の本を読んでも
面白くもなかったのが、
急にファンになる。
その人に。

このレビューは参考になりましたか?

漱石書簡集

Posted by ブクログ 2017年02月19日

昔の文体で、初めは読みづらく感じましたが読み進めるにつれ漱石の個性がわかってきました。
極貧で奥様にも苦労をかけつつ、自分のやりたいことを探し続け、返事も書きなさい、みたいな寂しがりの一面も見え、人間らしさをかんじます。
お金のないことは問題でなく、正岡子規への手紙など、当時の手紙は単なる近況報告で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

漱石書簡集

Posted by ブクログ 2016年06月19日

夏目漱石。1867年2月29日(慶応3年1月5日)〜1916(大正5)年12月9日。明治22年22歳から、満49歳の没年までに書かれた書簡集。

古い文章はさすがに難しくきちんと理解して読めなかったと思うけど、友人知人、門下生、家族、いろんな人たちへの心配りや暖かさが感じられる書簡が158通。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

漱石書簡集

Posted by ブクログ 2008年10月13日

夏目漱石が、家族、友人、上司へあてた書簡を集めたもの。
彼の人物像が明らかになってくるとともに、彼が年を重ねていくうちにどんなふうに
変わっていったのか、それがかいまみえる一冊です。
彼の手紙はやはり文章もうまく、「手紙に書くことというのはこんなにバラエティに
富むのだ」という発見があります。
漱石...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?