あの夏、二人は途方に暮れて

あの夏、二人は途方に暮れて

作者名 :
通常価格 607円 (552円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

雲ひとつない夏の午後。高校生の秋光は公園で涙しているサラリーマンに目を奪われ、つい声をかけてしまう。数日後。花束を抱えて車にひかれかけた男性を助けた秋光は、彼があの時のサラリーマンだと気づく。彼女に振られ自暴自棄になっていたという高林。年齢も環境も何もかも違う人なのに、秋光は不思議な胸の高鳴りを感じ……。 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

ジャンル
出版社
幻冬舎コミックス
掲載誌・レーベル
幻冬舎ルチル文庫
電子版発売日
2015年04月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2013年08月04日

    神奈木先生のお言葉をお借りします。乙女攻め×純情受けです^^
    大人だけど中身が少し子どもなリーマン高林と、高校生でしっかりしていて世話焼きな秋光。
    普段は中身があべこべですが、物語が進むにつれて…
    最初の出会いが高林にとって恥ずかしい?場面だったためか、大人になり始めた後半はドキドキでした。
    2人の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月28日

    ノンケ同志が紆余曲折を経てくっつくお話で、先が気になって一気に読みました!面白かったです。健気な主人公を応援したくなりました(*´∀`)欲を言えば、もう少し色気が欲しかったので☆四つ、もしくは4.5……ゴメンなさいっ;

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月05日

    すごく好きな雰囲気のお話でした。ほのぼのっていうか特に何か起こるというわけではないけれど、出会うはずのない二人が偶然出会ってゆっくりとお互い惹かれていくってのがいいです。まぁなんともヘタレな攻なんですが、受しか見えてない感じですごく可愛いなぁって思いました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年02月20日

    ある夏の日、真っ昼間のひとけない公園でひっそりと涙しているサラリーマン高林に出会った高校生の秋光。自分よりずっと大人なのに儚げで頼りない佇まいに、秋光は目が離せなくなってしまう。自分よりずっと大人、しかも大の男が白昼堂々泣いているという鮮烈な印象。
    二度目の出会いは、大きな花束を抱えた高林がふらふら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています