3分間で気持ちの整理をするリラックスブック

3分間で気持ちの整理をするリラックスブック

作者名 :
通常価格 561円 (510円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

夜眠る前に一篇ずつお読みください。気持ちが整理され、リラックスして、今日一日のいやなこと・心配ごと・うつな気分がすーっと消えてなくなります。一日のほこりを落として、こころをきれいにして休ませてあげましょう。生きるのがちょっとつらいと感じている人、気持ちの整理がうまくできない人へ贈る、こころがゆっくりリラックスする本。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
大和書房
掲載誌・レーベル
だいわ文庫
ページ数
208ページ
電子版発売日
2015年03月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

3分間で気持ちの整理をするリラックスブック のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年07月23日

    弱い自分は被害者で、悪いのは周りだと、そんな思い込みにガツーンと衝撃をうける一冊。
    自分を守ることばかりにエネルギーを使っていて、実は相手ときちんと向き合っていないことに気づかされた。
    飾らない等身大の言葉で、じんわりと心にしみます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月20日

    生きていく上で、どうストレスを貯めずに生きるのか?
    人との接し方、物事に対する考え方に対して、
    4章34テーマで書かれている。

    一番言えることは、何事にも2つの側面があるということ。
    自分の見方もそうだし、相手をどう見るかについても、
    普段陥りがちな考えと逆転させることが肝要だという点だった。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月10日

    心に響くフレーズ
    ① 恥ずかしがり屋とは、もっとも利己的な人のことをいう。彼は、自分のことしか頭にない。
    ② したあげたことは、すべて忘れよう。
    ③ 上機嫌こそが、愛される人間になるための必要条件です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月12日

     大変凹んでいるときに購入。理由は自分を自分で納得させたかったから。
     ヘタレでノミの心臓の持ち主は、結局自意識過剰なんだよ!!と言う本に大変傷つく…多分そうだろう、と思ってしまうから。
     で、イヤイヤこうなんだよ、といわれれば、そうかも…とも。ほっとする。
     自意識過剰が傷つきやすさだと言うのは、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月23日

     ”こころのおそうじ、はじめませんか?”この本の帯にそう書かれていました。 ドキっとして、12月だし・・と手にとりました。 それに最近、 ”自分自身を最大限に認めている人”に出会って(なのに自分自身を決して甘やかしてはいない人) 自分もそうなりたいと思いました。近づくためにはまず、こころのそうじかな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月15日

    どうしようもなく行き詰まり、自己嫌悪を抱いていた時に見つけて手にした本です。
    恩師から教えていただいた大切な事を、改めて思い出させてくださった、大切な一冊です。
    そして、何度でも読み直し、読み直す度に新たな感想を抱くだろう。という素敵な一冊だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月03日

    「リラックスブック」という名前、そしてこの可愛い装丁ですが、中身を読んでみるとなかなか辛辣です(笑)
    「謙遜する人は、むしろごう慢であると言ってもいい」というような(ちょっと語弊がありますが)ことを結構言ってます。
    「この人、リラックスさせる気あるのか…?」と疑問に思うこともしばしばでした(笑)
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています