猫楠 南方熊楠の生涯

猫楠 南方熊楠の生涯

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

博物学・民俗学・語学・性愛学・粘菌学・エコロジー……。広範囲な才能で世界を驚愕させた南方熊楠。そんな日本史上最もバイタリティーに富んだ大怪人の生きざまを天才・水木しげるが描く。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2015年03月19日
紙の本の発売
1996年10月
サイズ(目安)
195MB

新刊オート購入

猫楠 南方熊楠の生涯 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月11日

    熊楠を水木しげるが描くというだけでわくわくするじゃないですか。怪物と怪物の共演。
    基本的には史実にとても忠実だけれど、水木しげるならではの注目ポイントや人物の描きかたがあり、生々しさが良かった。
    素晴らしい功績と頭脳やその哲学は知っていたが、パワフルで横暴な熊楠、研究に一途な熊楠、家庭での熊楠。いろ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月18日

     その昔、中一コースの付録、文庫サイズの冊子『知られざる大天才』で熊楠の名を知った。確か「くまくす」とルビが振られていたように思う。
     その後、稲垣足穂『少年愛の美学』や水木しげる短編『快傑くまくす』でさらに親しみを覚え、神坂次郎『縛られた巨人』にも手を伸ばした。
     バートン版『千夜一夜物語』の該博...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月29日

    気にはなっていたけど、学者の一側面しか知らなかった南方熊楠という人は、こんなに痛快な人だったとは。それを水木しげるが描いて、猫が解説してる、なんて凄い漫画。終始、変態(ほめ言葉)しか出てこなかった。とても深く面白く人間を感じる内容でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月22日

    世界に誇る民族・博物学者南方熊楠についての本です。
    すでに多くの伝記が書かれていますが、熊楠が言葉を越えた神秘の存在とコンタクトをとる世界観は、漫画という表現が一番ふさわしいのかもしれません。
    実際に18ヵ国語に通じていたと言われる熊楠ですが、この作品ではプラス猫語を操り、パートナーのトラ猫とのコン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月19日

    博覧強記の大変態、南方熊楠。その伝説の数々は今更自分の語るところではない。英語、フランス語、ドイツ語はもとよりサンスクリット語に至るまで19の言語を巧みに操り、科学雑誌『ネイチャー』に掲載された論文、記事51編は、未だ世界で最多を誇る。柳田国男をして「日本人の可能性の極限」と言わしめた大天才。無類の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月04日

    グループのメンバーの壮行会で、本を贈ろうと思って代官山の蔦谷書店に行った。そのときに見つけた本。実は、贈る本の一冊だったのだが、自分もほしくなって買ってしまった。

    南方熊楠の生涯を水木しげるがマンガで描くという、なんともいえぬ世界観になっている。熊楠の生涯が良くわかるし、僕はお勧めしたい。熊楠は猫...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月27日

    おちんちんを蟻にかじられて腫れて二倍の大きさになったから、これはと思い、おちんちんを二倍にする研究をしはじめるひとらしいです。猫語も話せるようです。水木さんが描くぐらいだから実在した魑魅魍魎のたぐいであり、おもしろくないわけないでしょう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月11日

    傑作です。
    熊楠の偉業、茶目っ気、コミュニケーションのタイミングの取り方とかまで精緻に水木先生が再現しておられます。

    好きなことをやりとおして周りを巻きこんでいく強さと、素直に愛し愛される弱さのようなものとがすんごく丁寧に記述されてて、猫とかめっちゃかわいいし、もう最高に面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月19日

    熊楠の数ある伝記の中で 一番忠実で
    人間くさくて、熊楠に対しての愛がいっぱい感じられる本。
    熊楠と仲良しの猫の視点から 書かれてます。
    水木しげる先生と熊楠の強力タッグ! 
    二人とも 人間のような妖怪のような、、、、
    この本を読んで
    時代遅れと思われるアニミズム的思想がこれからの時代に一番大切になる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月30日

    熊楠自身の著作内容と外部から記された彼の人間像にはいつもすごいギャップがある。
    紙一重…でもそれが天才の証なのかもしれないとも思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています