玉響
  • 完結

玉響

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

貿易商の一人息子である麻倉道忠は全寮制の旧制高校へ入学する。そこで同室になったのは、幼い頃に唯一心を許した幼馴染み、立花だった。けれど立花との再会は麻倉にとって複雑なもので───

ジャンル
出版社
大洋図書
掲載誌・レーベル
HertZ&CRAFT
電子版発売日
2015年03月06日
コンテンツ形式
EPUB

書店員のおすすめ

時は大正十一年。貿易商の一人息子・朝倉は、入学した全寮制の旧制高校で、かつての幼馴染・立花と再会する。立花はかつて、異人の血が混じっていると言って虐められていた朝倉をかばってくれた唯一の人間だった。「あの頃、おまえのことが好きだった」と告白する立花。朝倉も立花が好きだと自覚するが、時代が2人の恋を引き裂いて──。

互いに叶わないと思っているからこそ、すれ違ってしまう2人の関係が切ない!華族の跡取りという立場もあり、自分の気持ちを押し殺そうとする朝倉ですが、立花と一緒にいることで、感情が抑えられなくなってしまいます。 そうこうするうちに関東大震災が起こり、2人は再び離れ離れに……。立花が生きている痕跡を探そうと必死な朝倉がまた、健気で可愛いのです。

何かを得るためには、何かを失わなくてはいけない。その重みや痛みを知る2人だからこその結末には、きっと心を打たれるはず。
「玉響(たまゆら)」という言葉の響きもあわせて、しみじみと切なく、美しい作品です。

購入済み

良かった

ゆんゆん 2015年03月22日

上品で色っぽい作品。性描写が激しいわけでもないのに、ドキドキしっぱなしでした。切なくほどよい甘さが残る良い作品だと思いました。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

今までのBLの中で1番

りんりん 2017年07月15日

こんなに色々な思いが万華鏡のように色や輝きを変えて心に沁みてくるお話は初めて。
一冊でこれだけの内容を無理な感じを与えず自然に描きあげたのは作家さんの力があるんだと思いました。
出会えて本当に良かったと思える一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月19日

久しぶりにきっちと纏まった丁寧な話になってるBL読んだ。
時代物が好きというのもあるけど、凄く良かったです。BLで関東大震災書くのも珍しい。
心の描き方が丁寧で、繊細で不器用なふたりの恋愛が心に沁みた。いっそ別離エンドでも良かったかなぁとは思ったけど。作家買いしたい方がまたひとり増えました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月01日

絵がとても綺麗で色香があります。麻倉が立花に感情をあらわにしたところ…非常に切なくなりました。二人の想いが通じ、身分や世間体を構わず麻倉が述べた台詞がとても印象的で泣けます。
ただもう少し長く読みたかったなーという思いもありました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月24日

大正時代の上流階級、全寮制の旧制高校の世界観が好きな方にはおすすめしたいです。気まずい別れ方をしたまま会っていない幼馴染と高校で再会します。
絵もストーリーも繊細で綺麗で、惹き込まれました。想いが通じ合った後も家柄や将来のことでの苦悩があって、なかなか一緒になれないのが切ないです。
友達や女性キャラ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play

同じジャンルの本を探す

玉響 ページトップヘ