マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション

マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

能力開発の実践手法・NLPを使ってコミュニケーションの様々な問題を解決する方法を、マンガを交えてわかりやすく紹介。
主人公は実家を継いでスーパーの社長に就任した日吉杏里。職場のミスコミュニケーションの改善をテーマにテンポよくストーリーが展開します。
マンガでイメージして楽しみながら、解説部分でじっくり手法を学べます。
『マンガでやさしくわかるNLP』の第2弾。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
日本能率協会マネジメントセンター
ページ数
256ページ
電子版発売日
2015年01月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
86MB

マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年08月15日

    前回読んだNLPの続編。今回も面白かったし、参考になることが多かった。ミルトンモデルは、そうとは知らずに使っていることがあったので、有効性をきちんと知ることができて良かった。
    心理学は面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月07日

    対人関係の仕事や、管理職の人が読むと良い本だと思った。傾聴の大切さを改めて理解できた。特にオウム返しを軽く考えていたが、その大切さを実感した。何度も読み返したい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月26日

    青い方の本よりもさらにコミュニケーションに特化した内容。やっぱりわかりやすい。何度も読み直したい本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月24日

    前々からうっすら考えていたことを、こんなにも具体的に示しているジャンルがあることを気付かせてくれた一冊。漫画と活字のバランスが良く、とても読みやすく為になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月07日

    NLP(神経言語プログラミング)のコミュニケーションに関することがかかれている本。

    主に、上司と部下の関係を改善するために上司がNLPを実践している姿を漫画で、その後それについて詳しく解説する形式。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月27日

    とても読みやすく、NLPを知らなくても理解できました。
    ただ、いくつかのキーワードは、その効果だけではなく言葉の意味の説明があるともっとスムーズに理解できたと思います。
    例)メタモデル。効果は「思い込みを崩す」とあるが、そもそも語源の説明も欲しいかなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月08日

    72

    ・プリフレーム(質問の前提をちゃんと伝える)で、相手に受け取ってもらいやすくなる。
    ・相手の一般化、歪曲、省略を崩していくことで、ミスコミュニケーションが減る。
    ・安心してイエスと頭の中で言えることを投げかけていく。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月10日

    「マンガでやさしくわかるNLP」に続いて読んでみたが、ミスコミュニケーションをなくすために省略、歪曲、一般化を意識した対話や関係性が役立つことが勉強になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月19日

    マンガは一部です。全体の半分ぐらいでしょうか。マンガを読んだ後の解説はかなりわかりやすいです。難しい言葉を平易な表現で説明すると、かえって本質から遠ざかるものですが、この本の解説はそのような感じはうけませんでした。実践的な内容だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月22日

    コミュニケーションをどのようにしていくか、ということを
    Nuero-Linguistic Programming の視点から
    まんがを通してわかりやすくまとめてある本だった。
    たとえば、「ふるさと」という言葉をとっても、それぞれの人で、
    「頭に浮かぶふるさとのイメージ」は違っているので、
    そういう違...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています