愛淫の代償 囚われの小鳥姫
  • 値引き

愛淫の代償 囚われの小鳥姫

作者名 :
値引き価格 352円 (320円+税) 3月11日まで
通常価格 704円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

悪政をしく父王と対立し、理解者である美しい執事サミュエルと恋仲になってしまったレティシア。「貴女は感じやすい淫らな身体をしていらっしゃいますね」二人だけの秘密の時間に深まっていく関係。しかし政略結婚で彼女が他国に嫁がされそうになったとき、豹変した彼は強引にレティシアの純潔を奪い、国王を殺害する。彼の真の名はクレイグ。敵対国プレナイトの王子だったのだ。恋心を弄ばれたと思い、傷つくレティシアは!?

カテゴリ
TL
ジャンル
TL小説
出版社
竹書房
掲載誌・レーベル
蜜猫文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2015年02月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
14MB

愛淫の代償 囚われの小鳥姫 のユーザーレビュー

    ネタバレ購入済み

    良かったです。

    c 2018年06月26日

    国民が飢餓で苦しんでいるのに、贅沢をやめない父王や、妾達に一人間違っていると意見するヒロイン(正妃の娘)。父王に疎まれても諦めないヒロインですが、そんな中で執事のヒーローと恋仲になります。
    自分は王女でいつか政略結婚させられてしまうのにヒーローへの気持ちを止められず…

    ヒーローは実は他国の王子で兵...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年10月02日

    レティシアの父がとんでもなくひどい人でした。本当にレティシアを厭い、自分よりも年上の王との結婚を決めた上に、嫁ぐ娘を家臣に凌辱させようとしてます。これは、殺されても文句はないなって感じです。

    執事のサミュエルが実は隣国の第一王子だったってことですが、これはちょっと強引だったんでは?って思いました。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています