皇女アナスタシア ~もう一つの物語~

皇女アナスタシア ~もう一つの物語~

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
紙の本 [参考] 671円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

皇女を名乗る女性――彼女は本物か偽者か!? 1920年――ベルリンで保護された記憶喪失の女性が、アナスタシアを名乗り始めた…! 皇女アナスタシアは、革命政府に銃殺されたとされる皇帝一家の末娘。もし本物なら、莫大な財産を有するロマノフの正統な相続人である。彼女は本物か、偽者か!? 世界的なセンセーションを巻き起こしたこの事件。皇女の幼なじみだったグレブは、真相を究明するためにドイツへ向かう。彼女の正体とは…?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2015年01月30日
紙の本の発売
2014年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

皇女アナスタシア ~もう一つの物語~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年03月28日

    おもしろかった! 史実を取り扱ったロシア物って初めてでしたが、とてもおもしろかったです。アナスタシアとグレブのやり取り、よかったなあ。凪かすみさんのイラストもすてきですー(*´ω`*)

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年05月15日

    良かった~~~もうもうすっごい良かったよ~~~!!

    ベルリンで保護された記憶喪失の女が、数年前に銃殺されたはずのロマノフの皇女アナスタシアを名乗り始める。アナスタシアと幼馴染のグレブが彼女に会いに向かうという興味引かれまくりな導入部から、過去の話、全ての真相が明らかになるラスト、全部超好みでした。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています