会津に恋して

会津に恋して

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

歴ドル・小日向えりが、幕末の会津に生きた新島八重と会津の人々、そして幕末会津藩ゆかりの人々を独自の目線で紹介。来年の大河ドラマに出てくる人達のことが、この一冊でよくわかる!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
中経出版
電子版発売日
2015年01月20日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

    Posted by ブクログ 2012年11月26日

    幕末の会津藩に関わる25人の人物群像。
    著者の思い入れが伝わって来る。
    来年の大河ドラマ「八重の桜」を見る前に読んでおくといいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月16日

    いつもながら小日向えりさんの本は読みやすいのでありがたい。私のように微妙にわかっててわかってないひとにも読めるように書いてくれています。さらに、「イケメン幕末史」にも掲載されていた方でも、取り上げられているエピソードのダブリがほとんどなかったので単純に「すごいな!」と思いました。
    この本は、会津戦争...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月22日

    「会津に恋して」。
    このタイトルに惹かれて読み始める。
    福島は隣県、小学校時分から「白虎隊」のことも
    知っていたし、小学校時、そこの歴史探訪(飯盛山を含む)をした記憶も
    残っている。(「記憶の書き換え」ではないと、思うが・・)

    読んで一番心に残った人は、山本覚馬。
    目を患いながらも、過酷な試練を乗...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています