文句の付けようがないラブコメ 3

文句の付けようがないラブコメ 3

作者名 :
通常価格 611円 (556円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

もうくり返さない。ここで終わらせる。 再構築された世界(せかい)でも惹かれ合った優樹と世界(セカイ)。 世界は次第に学校にも溶け込んでゆき、彼らの平穏な日々は今度こそ続いていく――と思われたが。世界の態度はどこか煮え切らず、優樹は不審を抱いていた。 そんなある日、おチヨによって世界(せかい)と世界(セカイ)の秘密は暴かれ、無情にも決断の刻が迫りつつあることを知らされる。 九十九(つくも)機関から逃れるためにあらゆる手段を使った逃避行の末、辿り着いたのはとある港町の修道院。 そこでささやかな“願い”を果たそうとする二人を待ち受ける運命とは――

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / ダッシュエックス文庫DIGITAL
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ダッシュエックス文庫DIGITAL
ページ数
276ページ
電子版発売日
2015年06月25日
紙の本の発売
2015年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

文句の付けようがないラブコメ 3 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年05月25日

    今回もまだ終わりませんでしたね。1回目との微妙な差の見せ方、使い方が秀逸で、こちらの期待と予想を見事に裏切ってくれるラストも含めて、たっぷりと堪能できる1冊だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月15日

    2巻から続いたゲームも3巻で終結しました。
    読んでいる感じ、1巻と同じようなルートでゲームから抗うことになりました。
    そして、今回のゲームでこのルートはもう行きつくところまで行ってしまった感じがありますね。
    もう行き止まりですし、四巻は大きく物語が変わりそうな雰囲気です。

    しかし、どうして今回は行...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月08日

    なにやら学園モノのような、生ぬるい幸せの予感を感じさせた始まりはやはり夢でしかなかったか…。
    いやあ、まさかこんなに「被害」が大きくなるとは…。
    しかも代わりもいるとは…そんなのもいるんですか…そちらが登場するパターンもあるのだろうか…。
    そして次…次は…不穏だなあ…。いや、今回のパターンの逆で、最...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月09日

    序盤の心地よいプチラブコメ風味も、うって変わっての逃避行。世界の夢を叶える目前で、つながるのは前回同様に…。次こそは、次こそは何かが変わってくれると信じて。二人だけじゃなく、おチヨさんもハルコもみんな幸せになれる本当のハッピーエンドが読めると信じてる。次は立場が結構変わるみたいでどう展開するか楽しみ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

文句の付けようがないラブコメ のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 文句の付けようがないラブコメ
    お前を救い出す。世界が幾度終わろうとも。 "千年を生きる神"神鳴沢セカイは、白髪赤眼の美少女。世間知らずで尊大で、見た目は幼いのに酒と葉巻をたしなみ、一日中お屋敷で本を読んで過ごしている。 彼女の"生贄"として捧げられた高校生・桐島ユウキ。『生贄になる代わりに何でも言うことを聞いてやろう』と言われた彼はこう願い出た―― 「神鳴沢セカイさん。俺と結婚してください」。 そして始まるふ...
  • 文句の付けようがないラブコメ 2
    廻る廻る輪廻が廻る。 神鳴沢(かなるざわ)セカイは死に、世界は作り替えられ、桐島優樹(きりしまゆうき)の通う高校に世界(セカイ)が転校してくるところから再び物語が始まった。 改変前の記憶がないふたりは何事もなかったかのようにまた出会い、優樹は身体の弱い世界が高校に行くための手伝いをするようになる。 ある時は登校の途中で、またある時は授業の途中で。体調悪化による早退を何度も繰り返す...
  • 文句の付けようがないラブコメ 3
    もうくり返さない。ここで終わらせる。 再構築された世界(せかい)でも惹かれ合った優樹と世界(セカイ)。 世界は次第に学校にも溶け込んでゆき、彼らの平穏な日々は今度こそ続いていく――と思われたが。世界の態度はどこか煮え切らず、優樹は不審を抱いていた。 そんなある日、おチヨによって世界(せかい)と世界(セカイ)の秘密は暴かれ、無情にも決断の刻が迫りつつあることを知らされる。 九十九(つくも...
  • 文句の付けようがないラブコメ 4
    それでも惹かれあう。 またしても為(な)された再構築。 新たな世界で桐島(きりしま)ユウキに割り振られた役割は、これまで敵だったはずの九十九(つくも)機関の側に立つこと。しかも彼は、神鳴沢(かなるざわ)セカイを使役して世界を救う使命を帯びていた。 苦痛に満ちた“お務(つと)め”を果たすことに疲弊(ひへい)しているセカイは、ユウキに対して冷え切った態度を取るが、ユウキはあくまでも忠実に役割...
  • 文句の付けようがないラブコメ 5
    せめて、自分らしく。 九十九(つくも)機関の走狗(いぬ)としての己を貫いたユウキだが、そのことにより神(セカイ)との関係は振り出しに戻ってしまった。 ふたたび始まる変わらぬ日々。セカイが身を削って世界を保ち、対価としてユウキがセカイに身を捧げるという、歪(いびつ)なかたち。それが続けられるならまだいいが、セカイの命は限界に近づき、いずれにせよ近いうちに世界は終わる。運命を変えられる...
  • 文句の付けようがないラブコメ 6
    【デジタル版にはダッシュエックス文庫創刊2周年記念プロジェクトのプレゼント応募シリアルコードは付属しません】果てなき輪廻(りんね)の果てに。 数多(あまた)の被験者のうち、“非人道的実験”に成功して生き延びることができたのは少女Aだけだった。 世界を救う英雄たる使命を背負った少女A。周囲にあるのは無数の書物が並ぶ図書館のみ――彼女の心象世界には時間も空間もない。世界救済を探るためのあら...
  • 文句の付けようがないラブコメ 7
    愛してるぜ。 幾千幾万の輪廻(りんね)を超え、ユウキとセカイは真のエンディングにたどり着いた。 高校生だった彼らはいつしか大人になり、酒盛りしたり就活したり、周囲の反対を押し切って同棲(どうせい)してみたり。 裁定者として絶対的な役割を担(にな)ってきたハルコ・クルミ・おチヨの三人もまた、新たな人生を謳歌(おうか)し始めている。 バッドエンドの連続だったこれまでの不条理を笑い飛ばす...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

文句の付けようがないラブコメ に関連する特集・キャンペーン