文句の付けようがないラブコメ

文句の付けようがないラブコメ

作者名 :
通常価格 600円 (税込)
紙の本 [参考] 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

お前を救い出す。世界が幾度終わろうとも。 "千年を生きる神"神鳴沢セカイは、白髪赤眼の美少女。世間知らずで尊大で、見た目は幼いのに酒と葉巻をたしなみ、一日中お屋敷で本を読んで過ごしている。 彼女の"生贄"として捧げられた高校生・桐島ユウキ。『生贄になる代わりに何でも言うことを聞いてやろう』と言われた彼はこう願い出た―― 「神鳴沢セカイさん。俺と結婚してください」。 そして始まるふたりの生活だが――穏やかで他愛のない日々は、やがて世界が抱える恐るべき秘密によって狂い始めていく。 どこまでも純粋な愛の喜劇〈ラブコメディ〉。決して果てることのない物語がここに始まる!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ダッシュエックス文庫DIGITAL
ページ数
276ページ
電子版発売日
2014年12月19日
紙の本の発売
2014年11月
コンテンツ形式
EPUB
購入済み

輪廻が切れる時があるのか

宮子 2016年02月14日

一巻は一気に読んだけどまさか輪廻を永遠に続かせるつもりじゃないよね?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月14日

挑戦的なタイトルとあらすじに惹かれて読みました。面白かった!
いわゆるラッキースケベ的な描写を入れなくたって、ここまで面白いラブコメが書けるんだというのを身をもって証明したような一冊。
設定そのものはすでに使い古されて王道でもなくなったようなものだが、話の見せ方とヒロインの描写がこのストーリーを他の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月18日

うーーーんなかなかおもしろかった。
しかしとりあえず、現時点、文句のつけようはある、とだけ言っておこう。
ただ、まだ1巻ですから。すべてが決まるのは「最後」ですね。うーむどうなることか。楽しみだ。
この結末は大体予想できる通りではありましたが、こういうタイプのお話は好みなので続きも楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月30日

何とも不思議な作品。
2巻以降を読んで全体を判断した方が良いと思う。
作者のあとがきにも、
同様のことが書かれていたと思うが、
そもそも「ラブコメとは?」を
作者なりに掘り下げた結果の本作と思われる。
直近の作品が青春ラブコメとしてツボだったので、
手にとってみたが、こちらは少しシリアスだった。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月23日

好き嫌いはあろうかと思うけれど、自分は好きなたぐいの話。
誤解を恐れずにいえば、西尾維新の系譜かな。
もう少し、明暗のギャップがあれば良かったような気もします。
1 冊で終わらせた方が良い(最初からネタを知っていて楽しめるかが疑問な)話だと思うのですが、続きが出ているんですよね。
さて、どんな感じな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「文句の付けようがないラブコメ」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play