かどわかし~再問役事件帳(二)~

かどわかし~再問役事件帳(二)~

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 594円 (税込)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

筆店の息子の許嫁として、養女となったお咲。円満に過ごしていたはずなのに、ある日養母を刺し殺してしまう。お咲にはなにか心中に秘めた思いが……(娘分)。呉服商の手代が辻斬りで殺された。しかし、下手人の浪人・伊村佐兵衛は牢の中で自らの首を折り自害してしまう。それほどの胆力の男がなぜ辻斬りなど……(表題作)。江戸の冤罪専門捜査官、待望の第2弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2014年11月28日
紙の本の発売
2014年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

かどわかし~再問役事件帳(二)~ のユーザーレビュー

レビューがありません。

再問役事件帳 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 再問役事件帳~江戸の冤罪専門捜査官~
    時は徳川10代将軍家治の治世。老中筆頭の田沼意次は、杜撰な犯罪捜査や事件の揉み消しが多発する現状を憂え、新たな役職を設置した。“冤罪”の疑いのある事件を再調査する〈再問役〉である。任に選ばれたのは中堅旗本の隠居・不破源兵衛と、御家人崩れの川野参九郎。町役人の圧力にもめげず、頑固老人と軟弱浪人の二人組が、正義のため事件の裏にある真実を暴く!
  • かどわかし~再問役事件帳(二)~
    筆店の息子の許嫁として、養女となったお咲。円満に過ごしていたはずなのに、ある日養母を刺し殺してしまう。お咲にはなにか心中に秘めた思いが……(娘分)。呉服商の手代が辻斬りで殺された。しかし、下手人の浪人・伊村佐兵衛は牢の中で自らの首を折り自害してしまう。それほどの胆力の男がなぜ辻斬りなど……(表題作)。江戸の冤罪専門捜査官、待望の第2弾!
  • 光る女~再問役事件帳(三)~
    画家・一色?斎が美人画を描き評判となった、茶汲み女のお菊が刺殺された。凶器から情夫の吉松が捕らえられたが、牢に入れられている間に、同じ凶器で?斎も殺される。果たして吉松は真犯人なのか!?(表題作) ほか、殺された金貸しの年増女と鴉の不可思議な関係を描く「鴉金」、再問役に最大の試練が訪れる「斬る」も収録。冤罪と戦う江戸の専門捜査官、待望の第3弾!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています