恐怖の谷

恐怖の谷

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

犯罪王モリアーティ教授の組織にいる人物から届いた、暗号手紙。その謎をみごとに解いたホームズだが、問題の人物ダグラスはすでにバールストン館で殺されていた。奇怪な状況の殺人を捜査する謎解き部分(第一部)と、事件の背景となったアメリカの“恐怖の谷”におけるスリルとアクションに満ちた物語(第二部)の2部構成による、傑作長編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2014年11月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
36MB

恐怖の谷 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月14日

    前半は調査、推理 後半は事件に至る経緯と「緋色の研究」を思い出す構成だと感じました!前半における真実は、個人的に途中でわかりましたがタイトルの「恐怖の谷」の意味は後半で明かされ、とても引き込まれてる物語となっています。できればモリアーティ関連を先に読んでおくとより面白く読めると思います!!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月06日

    なんだこれ、最高やん。

    なんだこれ前半短くてホームズあんまり出てこないし後半は長くて同じ感じで続いてちょっと飽きてきたなあどうしようかなあ明日続き読もうかなあって思ったあたりで大どんでん返し。
    ラストはもうちょっと長かったら良かったなあって思うけど目的は果たしてるんだろうね。シリーズ通しての一番の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月24日

    映画「ダークナイト」。その面白さがココにはあります。
    1917年にイギリスで書かれた小説に、これだけ面白いと思えるのは、読書の快楽そのものですね。

    シャーロック・ホームズ・シリーズは、僕が読んでいる光文社の新訳シリーズに則って言いますと。

    ①緋色の研究(長編)-1887
    ②四つの署名(長編)-1...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月15日

    シャーロック・ホームズシリーズ最後の長編。
    他の長編もそうであるように二部構成で、第一部は暗号解読にはじまり、密室殺人事件の捜査といかにもミステリっぽい。
    第二部は舞台をアメリカに移して、殺人事件の原因となった犯罪組織が巣食う“恐怖の谷”の話。
    第二部の舞台がアメリカで第一部の事件のいきさつが語られ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月20日

    「恐怖の谷」
    犯罪王モリアーティ教授の組織にいる人物から届いた暗号手紙。その謎をみごとに解いたホームズだが問題の人物ダグラスはすでにバールストン館で殺されていた。奇怪な状況の殺人を捜査する謎解き部分(第一部)と、事件の背景となったアメリカの“恐怖の谷”におけるスリルとアクションに満ちた物語(第二部)...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月19日

    新訳光文社文庫版では最後の配本。
    実際の刊行は「最後の挨拶」と「事件簿」と続きます。
    巻末エッセイはあさのあつこさん。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月05日

    モリアーティー教授の組織の中の内通者ボーロックからの忠告。暗号文。危機にひんするというダグラス氏。過去のアメリカでの物語。恐怖の谷の秘密。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この全集全9巻の長編の中で一番おもしろかったです!!シリーズの掉尾を飾るにふさわしい作品でした(*^m^*)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月02日

    アメリカ。田舎町。炭鉱。暴力支配。血。恋模様。
    大好物なんですけど!!!!

    過去の長編と同じ構図を取り入れているのですが、非常に洗練されています。物語としてのめり込め、ミステリとしてのどんでん返しも中々インパクトがあります。

    第1部のホームズの推理も良いのですが、私は第2部が好み。
    回想によって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月02日

    事件の推理は全編で終わり、後半は事件の背景が紹介される。しかし、この後半にも大きな推理要素があるところがさすがといったところ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています