添乗員狂騒曲

添乗員狂騒曲

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

女子高の中国・修学旅行に添乗することになった岡崎大五。ドア無しトイレにも懲りない女子高生パワーに中国人とともに翻弄される羽目に……。はちゃめちゃ添乗員と困った客の世界を巡る爆笑記!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
シリーズ
添乗員シリーズ
電子版発売日
2014年11月20日
サイズ(目安)
5MB

関連タグ:

添乗員狂騒曲 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年09月01日

    笑って泣ける、添乗員の奮闘記。おもしろい。
    そしてこれを読んで「ピンチはチャンスだ」という言葉を思い出した。
    最後にある親子の話はとても感動した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月08日

    添乗員がツアーで巡り合う人と騒動あれこれ。やっかいなツアーに当たる著者のトラブル対処が面白い。あとがき「ツアーは人間ドラマの宝庫」とありましたが、お客、旅行会社、現地ガイドなど、トラブルも全部含めて十人十色の出会いたちです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月04日

    添乗員シリーズ第3弾

    派遣元が潰れてしまい、本当のフリーになってしまった、作者。それでも今までの実績で、様々な問題のある方達ばかりを依頼されてしまうwww
    要人が泊まるのでという理由でホテル宿泊をキャンセルされたり、テロが勃発したエジプトでは警護されながら観光したり、ワガママな客と困ったガイド...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月14日

    フリーの添乗員として、中国、バルト三国、ロシア、エジプトなどを女子高生や、大物代議士の息子や、ひきこもりの少年を抱えた崩壊寸前の家族等と移動する。旅だから何でもありそうな気もするし、でも本当か?なんて人生のドラマが展開する。っーか、展開しすぎ。ひとりで旅するのは、この上なく楽しいのだが、愉快な添乗員...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています