建築探偵術入門

建築探偵術入門

作者名 :
通常価格 709円 (税込)
紙の本 [参考] 712円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

幻の奇書がおよそ30年ぶりに復刊! 1986年の発売と同時に良書として話題をさらい、長い間建築愛好家たちの間で語り継がれていた幻の本、待望の電子化。藤森照信ら東京建築探偵団の団員が東京・横浜の230もの西洋建築を巡り、贅沢な写真とともにそれらの魅力を伝えています。都市開発の波にのまれ、残念ながら取り壊されてしまった懐かしいビルも多数収録!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
265ページ
電子版発売日
2014年10月17日
紙の本の発売
2014年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2019年01月11日

これは確かに奇書良書。笑
西洋館への愛が漲ってます。もちろん建築探偵団の学術的、専門的知識量の確かさを感じられるんだけど、それ以上に、建築と対峙するときにはこういう素直な好奇心や感性を忘れちゃダメだなと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月29日

およそ30年ぶりの復刊。「東京建築探偵団」は、明治〜大正〜昭和(戦前)に建てられた「西洋館」のもつ《異物性》《用途の多様性》《デザインの多様性》に注目、そうした「西洋館」を自分の目と足で見つけ出し、生け捕りにしようという知的な狩猟のような試みである。

冒頭、「建築探偵『九つの心得』」が箇条書きにさ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています