小学館版 学習まんが人物館 アンネ・フランク

小学館版 学習まんが人物館 アンネ・フランク

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
紙の本 [参考] 935円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

戦争の中で生きる希望を書き続けたアンネの短い生涯をいきいきと描くまんが人物伝。

アンネは隠れ家の中で、架空の少女キティへの手紙の形で、日記を書き続けました。
日記には、人種差別への抗議や、戦争が人びとにもたらす大きな悲しみと破壊、また、隠れ家の人たちの苦しみや異常な精神状態が、ありのまま記録されています。それだけでなく、隠れ家の中で、アンネが抱いた大きな希望、勇気、そして未来の夢や愛は、アンネがなくなって五○年たった今も世界中の若者に感動を与えているのです。(1996年発表作品)

解説「六○○万人のアンネ」より 篠 光子

【ご注意】※この作品は一部カラ―です。
この作品はレイアウトの関係でお使いの端末によっては読みづらい場合がございます。立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 学習・知育
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館版 学習まんが人物館
ページ数
160ページ
電子版発売日
2014年09月12日
紙の本の発売
1996年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
44MB

関連タグ:

小学館版 学習まんが人物館 アンネ・フランク のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年06月01日

    私が小学校一年生の時に読んで、人生で初めて泣いた本でした。
    辛い日々の中でも最後まで希望を失わなかったアンネは本当にすごい。すごいなんて言葉じゃ足りないくらい。
    これだけに限りませんが、ユダヤ人迫害に関する本は是非たくさん読んで頂きたいなあと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています