小学館版 学習まんが人物館 キュリー夫人

小学館版 学習まんが人物館 キュリー夫人

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
紙の本 [参考] 935円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ノーベル物理学賞とノーベル化学賞の二つを受賞した女性科学者!

夜の静けさの中、そまつな実験室で、キュリー夫妻は、暗やみの中に青白く輝く光を見つめていました。それはラジウムの放つ光であり、このラジウムの発見こそ、原子力時代の夜明けをつげるものでした。マリー・キュリーは、1867年にポーランドのワルシャワで生まれました。当時のポーランドは、ロシアの支配下にあって、キュリー一家は苦しい生活をしいられました。物理の先生をしていた父の影響もあり、物理が好きになったマリーは、パリへ出て、ソルボンヌ大学へ入学しました。そこで知り合った物理学者、ピエール・キュリーと結婚し、二人の共同研究が始まります。二人の女の子が生まれましたが、この間にも、マリーは家事をこなしながら研究を続けました。キュリー夫妻は、ピッチブレンドという鉱物の中には、ウランよりもはるかに強い放射能を出す物質があると考え、実験をくりかえしていきます。そして、1898年、4年にわたる実験のすえ、キュリー夫妻は、ピッチブレンドの中から、ポロニウムとラジウムを発見したのです。この功績で、夫妻はノーベル物理学賞を受賞しました。その後、マリーは夫ピエールを事故で失いますが、その悲しみをのりこえて研究を続け、1910年に、金属ラジウムを取り出すことを発見し、ノーベル化学賞を受賞しました。二つのノーベル賞に輝くキュリー夫人の、ひたむきな姿を感動的に描いた科学者伝記です。

この作品の容量は、68.1MB(校正データ時の数値)です。

【ご注意】 

※本書電子版には、底本の資料編は掲載されていません。

※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

※この作品は一部カラーが含まれます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 学習・知育
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館版 学習まんが人物館
ページ数
160ページ
電子版発売日
2018年12月28日
紙の本の発売
1996年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
69MB

関連タグ:

小学館版 学習まんが人物館 キュリー夫人 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年02月21日

    ・いくらつらいことがあっても、だれにも負けないくらい勉強して科学者になるところがおすすめです。
    ・何ごとにもあきらめず、とりくむということがわかるので、とてもいいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月29日

    ガチで泣きます 泣きますから…小学生のころから何度読んだか分かりません 元気をもらえる伝記です。個人的にあべさよりさんの絶頂期です。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています