彼岸島(1)
  • 完結

彼岸島(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

吸血鬼が棲む孤島、彼岸島(ひがんじま)――。踏み入れたら最後、再び生きて還ることはない……。大学に合格したばかりの宮本明(みやもと・あきら)の兄は、2年前に行方不明となっていた。実は彼は彼岸島へ連れ去られ、現在一人で身を隠し生活していたのだ。そんなある日、明の前に現れた謎の美女。彼女は行方不明の兄の免許証を持っていた。それは恐るべき島への誘い。そして……忌まわしき悪夢の幕が上がる――。戦慄(せんりつ)の吸血鬼サバイバルホラー!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ヤングマガジン
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
99MB

    Posted by ブクログ 2012年08月15日

    邪鬼が出るまではホラー要素があって何度も吸血鬼に襲われる夢を見ていましたが、全巻読んでみるとギャグでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月16日

    本来少年誌的な展開なんだけど、残虐性や絶望感、若干のエロスといった青年誌的スパイスを盛り込んだ作品。今もまだ連載してるけど、コミックス10巻くらいでスパッと終わっていたら、さらなる名作の地位を得ていたかも。ハァハァ(ムサシ)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月12日

    ヤングマガジンと単行本にて読んでいます。
    ひとつ先の展開が全く読めず
    まるで映画を見ているのかというかのような不思議な感覚に襲われます。
    同じ作者としては、クーデタークラブのレビューもどうぞ!

    ※時折グロテスクな表現が含まれるため苦手な方はご注意下さい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月14日

    サバイバルホラー漫画。
    かなり面白いです!
    時には笑いあり、涙ありで気付いたどっぷりはまってましたw
    来年には実写映画化とか^^
    今は27巻まで読破&発売中♪(2009.10.22現在)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月23日

    10巻くらいまでの雰囲気はハラハラビクビク、本当に面白いけれど、主人公無双になっていくと段々不安感がなくなっていくんだおね。丸太の素晴らしさを教えてくれた漫画ですお。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月10日

    これはホラーマンガである…

    そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

    実際不気味だしグロいし悲惨だしムナクソ悪いシーンもたびたび出てくるんだけどね。
    実はギャグマンガだったんだと思えれば、誰か重要キャラが死んでもなんかもう別にどうでもよくなってくる。
    読んでてお茶吹けるホラーマンガなんてそ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    グロい怖い

    1tomo 2017年07月06日

    グロいし、残酷。なのに先が気になり読んじゃう。やめたいのに見ちゃう!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月04日

    普通に面白い。いや普通にって言い方もおかしいかもしれないけど

    ヤンマガの方で途中から断片的に読んではいたけど始まりはこういう感じだったのか

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月27日

    ゲームの世界みたいで面白かった。
    カラーページが入っているのが新鮮で世界観に合っていていいなと思いました。
    壇蜜さんなみにみんながハアハアしているのがなんだか可笑しかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月16日

    当直用文庫から拝借するも、あまりにランダムな取り揃えで展開についていけず…。Bookliveで3巻まで無料なので読んでみました。

    一般的に吸血鬼と言えばルーマニアの…大蒜と十字架と日光を嫌うあのイメージですが、こちらは赤黒い目に牙、そして笠に野良着と和風の装い。彼らに対抗するには丸太!丸太があれば...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 全33巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 33件
  • 彼岸島(1)
    完結
    660円(税込)
    吸血鬼が棲む孤島、彼岸島(ひがんじま)――。踏み入れたら最後、再び生きて還ることはない……。大学に合格したばかりの宮本明(みやもと・あきら)の兄は、2年前に行方不明となっていた。実は彼は彼岸島へ連れ去られ、現在一人で身を隠し生活していたのだ。そんなある日、明の前に現れた謎の美女。彼女は行方不明の兄の免許証を持っていた。それは恐るべき島への誘い。そして……忌まわしき悪夢の幕が上がる―...
  • 彼岸島(2)
    完結
    660円(税込)
    行方不明の兄の消息を知るという謎の美女と出会った宮本明(みやもと・あきら)。その正体を暴くため、仲間たちと彼女の元へ乗り込んだ明たちは、突然化け物に襲われた! 無我夢中で化け物をやっつけた明たちは、謎の女・青山冷(あおやま・れい)の本当の目的を知る――。明の兄を助けるため、明たちは吸血鬼が支配するという恐怖の島・彼岸島(ひがんじま)へと向かった!! 吸血鬼サバイバルホラー。
  • 彼岸島(3)
    完結
    660円(税込)
    恐怖の島を目前としながら、吸血鬼たちの血の洗礼を受ける宮本明(みやもと・あきら)たち! おびただしい数の敵に囲まれ、仲間が一人、また一人消えていく! そして明もまた吸血鬼の餌食(えじき)に!? 鮮血に染まる惨劇の末、明たちが辿(たど)り着いた希望の光とは……。戦慄(せんりつ)の吸血鬼サバイバルホラー!!
  • 彼岸島(4)
    完結
    660円(税込)
    絶望が支配する吸血鬼の館、彼岸島(ひがんじま)! もう化け物と闘う以外に道はない! 決死の覚悟の明(あきら)に、囚われた仲間を救うべく唯一にして最強の吸血鬼(バンパイア)ハンターである、明の兄・篤(あつし)が味方に加わった! 明たちの反撃が今、始まる――!! 吸血鬼サバイバルホラー。
  • 彼岸島(5)
    完結
    660円(税込)
    恐怖の島を支配する男、マスター・ヴァンパイア雅(みやび)――。明たちを救うべく、雅に立ち向かう吸血鬼ハンター篤(あつし)は、あえなく雅の手に落ち、明に襲い掛かる! 壮絶なる兄との死闘、しかし篤は魂まで奪われてはいなかった!! そして唯一の脱出経路である朽ち果てた吊り橋で、因縁深き二人は対峙する!! 今明かされる、この島の血塗られた真実。戦慄(せんりつ)の吸血鬼サバイバルホラー!!
  • 彼岸島(6)
    完結
    660円(税込)
    婚約者を殺されてから2年――。長くつらい戦いの日々は、すべてこの時のため!! 明(あきら)の兄・篤(あつし)が、宿敵・雅(みやび)を追い詰める!! 死闘、ついに決着へ!! そして明へと兄が残した言葉は「北の灯台に行け!!」 絶望の闇に見えた一筋の脱出経路。だが明たちの前に、血に飢えた吸血鬼、邪鬼(オニ)が立ち塞(ふさ)がる。……果たしてこの呪われた島から生きて出られるのか!? 吸血鬼サバ...
  • 彼岸島(7)
    完結
    660円(税込)
    「強く……強くなりたい」 その悲痛な願いを兄の師匠にぶつける明(あきら)。それを試すかのように新たな異形(いぎょう)の群れが地を這い、迫り来る。明を待ち受けるあまりにも残酷な試練……だが、打ち克(か)たねば生き残れない! この島で生き延びる術(すべ)を教えてくれ!! 戦慄(せんりつ)の吸血鬼サバイバルホラー!!
  • 彼岸島(8)
    完結
    660円(税込)
    「生きろ! 生き延びてくれ!!」 明(あきら)の必死の叫び虚(むな)しく、自ら死を選ぼうとする友人・ポン。雅(みやび)に邪鬼(オニ)にされてしまったポンは、「人間のまま死なせてくれ」と泣き叫ぶ。なぜこんな悲劇が起きてしまうのか!? これは避けられない運命なのか!? 無情にも別れのときが刻一刻と近づく……。
  • 彼岸島(9)
    完結
    660円(税込)
    8ヵ月の月日が流れ、絶望の島が雪化粧をする頃、明(あきら)は戦士になっていた――。目指すは、飢えた吸血鬼に連れ去られた仲間の救出。それを阻(はば)むべく禍禍(まがまが)しき邪鬼(オニ)が牙をむき襲いかかる! 臆(おく)することなく白刃を構えた明に勝機(しょうき)はあるのか――!?
  • 彼岸島(10)
    完結
    660円(税込)
    最凶最悪の敵、邪鬼(オニ)の前にすべての攻撃が封じられ、勝機を失った明(あきら)。剣を鞘(さや)にしまい、一太刀(ひとたち)にすべてを賭ける。「お前が死ぬか、俺が死ぬか、最後の勝負」 雪深い峡谷(きょうこく)の空気が冷たく張り詰める――。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています