チャイナ・ハッカーズ

チャイナ・ハッカーズ

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

日本はもとより、アメリカでさえ、中国のサイバー攻撃部隊の実態について知る人はほとんどおらず、公的なレポートや関連書籍もほとんどない状況だ。本書では20年近く、中国のハッカーたちと交流を深めてきた著者による、日本初の「中国ハッカー」の全容と歴史を解説する。現在のIT業界で活躍する元ハッカーたちのそれぞれの人物像に迫る。そして、かつて中国最大規模と言われた愛国反日サイト「中国鷹派連盟」の元リーダーへのロングインタビューも掲載。また公然情報から、政府系・軍のサイバー部隊や現役反日サイト管理人を追跡してきた著者による「合法ハッキング」事例を具体的に紹介。ほとんど知られていない、政府系サイバー部隊の実態や活動内容にもスポットをあてて、解説していく。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
SPA!BOOKS
ページ数
328ページ
電子版発売日
2014年08月25日
紙の本の発売
2014年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

チャイナ・ハッカーズ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年03月20日

    1995年ぐらい~現在までの中国ハッカーの様子にフォーカスし、祖母が中国人と言う筆者・中国ハッカーウォッチャー視点で、その系譜をハッカー具体名を交えて語っています。日本ではあまりハッカーが注目された時代がない印象ですが、中国ではコンピュータ好きのハッキングが、ナショナリズムとくっついることが日本でも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月14日

    中国のハッカー史とその調査方法の一部をつらねたエッセイみたいなもの。ハッカーの発言の解釈と、中国インターネットの検索だけで調べていく過程は面白いものがある。が、いかんせん、簡体字が多く、正直、読みにくくてたまらん。これでもかなり減らしたとも思われ、しょうがないのかもしれないけれど。でも、ともかく中国...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています