マネーの闇 巨悪が操る利権とアングラマネーの行方

マネーの闇 巨悪が操る利権とアングラマネーの行方

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

巨悪が操るアングラマネーとは何か? 利権に群がる政治家、暴力団とアングラの集団。日本の闇をえぐり取る「日本人と犯罪」第3弾!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川oneテーマ21
電子版発売日
2014年08月12日
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

マネーの闇 巨悪が操る利権とアングラマネーの行方 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年03月19日

    冒頭、アノニマスのインタビューから始まるが、この本、いったい何を書きたいんだろうというのが第一印象。「ハッカーの世界が”闇の世界”とつながっていることを書きたいの?」という感じ。最終章もアノニマスのインタビューで終わっている。ふ~む、よく分からん。だからしばらく積読にしていた。

    著者の一橋文哉さん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月23日

    出張時に京都駅新幹線新幹線乗り場の書店で購入。

    政治と暴力団を中心とした闇社会。

    例のサイバーテロ事件についても、闇社会につながっているのかと思うと、深いなあ~と思うね。

    小泉進次郎の曽祖父、小泉純一郎の祖父、小泉又次郎は神戸の山口組と同じように横須賀の港湾労働者をまとめた小泉組の2代目という...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています