農業で稼ぐ! 経済学

農業で稼ぐ! 経済学

作者名 :
通常価格 1,199円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)は、長年にわたり「政府の保護による衰退」を続けてきた日本の農業を覚醒させるきっかけとなった。「本書の執筆動機はきわめてシンプルです。経済学の考え方を使って、『農家の経営』ひいては『日本の農業』の今を正しく分析し、もっと“よくする”ための新たな議論を提起することです」(「まえがき」より)。しかし、既得権益にまみれる農林水産省の政策は、それとは反対に「どのようにして農家を“弱くする”か」に力を注いできたのだ。本書は気鋭のエコノミストと農業の最前線で取材するジャーナリストが、農業をめぐるタブーをことごとく論破する一冊。TPP危機説や「日本は土地がないから農業に適さない」「高齢化は深刻な問題」という説は全部ウソだということが、この本を読めば十分に理解できるはずだ。東日本の農家が放射能と風評被害に苦しむ今こそ、私たちが真正面から「産業としての農業」を考える時である。

ジャンル
出版社
PHP研究所
ページ数
240ページ
電子版発売日
2014年08月08日
コンテンツ形式
XMDF

Posted by ブクログ 2013年09月15日

私自身、農家の孫でありながら、農業について知っていることが少なすぎた。そう実感させられた一冊でした。

例えば、稲作が意外と手のかからないということ。
「ハウス栽培のように一年中作物を生産できる農家と違い、コメづくりに要する労働時間は10アールで年間15〜20時間程度。」(p.31)

うちのじいち...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月27日

「農業」と「製造業」は似ている。聖域とされていることが農業の実態を消費者にわかりづらくさせられている-というのが主な趣旨。農業をビジネスとして考えろ、という本をここ半年ほどたくさん読んだけれど、分析の手法や視点の持ち方は一番納得がいった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月25日

「日本の農業が必ず復活する45の理由」の後に読んだので、あまりインパクトがありませんでした。

基本的な論調は同じですが、こちらの方が整理して書かれていて人によっては読みやすいのかもしれません。

ただ、この手の本は、話が色々飛んで書かれていた方が印象に残るのかなと感じました。

ということで、これ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play