電氣人間の虞

電氣人間の虞

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「電気人間って知ってる?」一部の地域で根強く語られている奇怪な都市伝説。真相に近付く者は次々に死んでいく。語ると現れ、人の思考を読むという電気人間は存在する!? ライターの柵馬朋康(さくまともやす)もまた謎の解明に乗り出すが、複数の仮説を拒絶する怪異は、彼を出口の見えない困惑の迷宮に誘(いざな)う――。ミステリか、ホラーか。ジャンルの枠を軽妙に超越する鮮烈の問題作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2014年07月25日
紙の本の発売
2014年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

電氣人間の虞 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年06月20日

    再読。ホントによくできたミステリ。詠坂劇団オールスター総出演。最後の一行はめでたしめでたしという意味だよな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月01日

    非常に秀逸な技巧の施されたミステリ。架空の都市の架空の都市伝説をうまくディティールまで表現して読者に理解させ、そこから現出する疑問と、「ミステリ」であるが故に生じるミステリ読者であるからこそ思い至る猜疑心との擦り合わせが非常に巧妙。求めうる「解答」と伏線とが噛み合わず展開がいつになっても予想できない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月23日

    「電気人間って知ってる?」一部の地域で根強く語られている奇怪な都市伝説。真相に近付く者は次々に死んでいく。語ると現れ、人の思考を読むという電気人間は存在する!? ライターの柵馬朋康もまた謎の解明に乗り出すが、複数の仮説を拒絶する怪異は、彼を出口の見えない困惑の迷宮に誘う――。ミステリか、ホラーか。ジ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月15日

    なるほど。。。やられましたね。。。
    ただ最後の展開は、いろいろな意味で「えっ??」というか「はあ?」となりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月27日

    いやー面白かった!綾辻行人のオススメということでこの人のやつを三冊読んだけどもどれもよかったけど、これが一番かも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月18日

    電氣人間の虞。
    タイトル的に昭和の古い小説かと思えば、そんなことは無かった。
    続きが気になってグイグイ引き込まれました。

    ミステリとして、納得するかどうかは置いといて、フェアっちゃフェアだなーと。個人的には全然あり!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月07日

    最後の最後で一撃が来ました。見えないものが見えるようになるのって怖いし、本当に面白いです。この作品は明日の読書会の課題本ですが、我々は生きて帰ってこれるのでしょうか……

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月07日

    この著者の作品は奇妙なテーマと設定で、結末が全く予想も付かない。この作品もまた同様で、ミステリー小説、ホラー小説、SF小説とも読み取れる作品に読み手は些か戸惑う。はっきり言って、先に読んだ『リロ・グラ・シスタ』『遠海事件 佐藤誠はなぜ首を切断したか』の2作よりは面白さには欠けるが、一定水準に達してい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月17日

    ミステリーといっていいのか、ホラーといっていいのか、非常に悩む作品です。ただ、とてもよく考えられた小説で、施された仕掛けと結末は、納得のいくものでした。文章のテンポもいいので、気持ちよく読めます。が、一部グロ注意です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月10日

    ミステリなのか、ホラーなのか。うーん、微妙に迷うところだけどホラーに1票!
    信じないと殺される、とかホラーにありそう。
    結局よく分からなかったところもあったが、物語の大枠は興味深かったし、面白かったんだけど、詠坂がなんか好きじゃない。
    人によって態度変わりすぎだろ、この人、と。物語と全く関係ないとこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

光文社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング