山の屍

山の屍

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

カルチャースクールで小説の勉強を始めた純子は、受講生仲間から“取材をかねた売春”を勧められた。好奇心に負け、指定された新宿のホテルに行くと、高見友一が待っていた。情事の後、金銭を拒否する純子に高見は自分が書いた「山の屍」という小説を託す。純子はこの小説を自分の作品として懸賞小説に応募し、新人賞を受賞してしまう。ある日、純子を仰天させる電話がかかってきた。それは高見が登山中に転落死し、純子を「一億円の保険金」の受取人に指定しているという内容だった。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
シリーズ
牛尾刑事・事件簿シリーズ
電子版発売日
2014年07月15日
サイズ(目安)
1MB

山の屍 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    貰った小説でデビューしたらその小説がある犯罪を描写したものでびっくりする話。
    なんだか単純なようで、いろんなものが濃縮された話。
    読んで疲れた。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年01月30日

    小説に実際の事件が隠れていることや、その小説を自分の作品として発表して作家デビューするなど、設定が面白かったし、誤字から本人の作品じゃないことを見抜くなどはさすがだなあと思いました。

    ただ、高見の行動や人物像だけ腑に落ちなかった。
    純子とのやり取りでは紳士的な感じがするのに、真美子を脅して体を要求...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

山の屍 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング