毎年、いいところまで行くのに「あと一歩」が続く
微妙な私立高校・木登学園(きとがくえん)のサッカー部。
2年生の主人公・今中(いまなか)は
ドリブルが武器のフォワードだ。

だが彼は、監督が日々繰り返す
「勝つ為に無難なプレーに徹しろ!」という方針に
正直、なじめない毎日を過ごしている。
チームメイト達も、程度の差はあっても
疑問や不満が膨らんでいる。
そんな危うい状態だ。

ところがある日、事件が起きる!

3年生が引退し、新チームが動き始めるタイミングで
監督が他校の引き抜きに応じてしまったため、
体制がガラッと変わったのだ。

そして、大昔の名選手・クライフに心酔する
新監督の口から発せられた言葉に
部員達は息を呑む…

「勝つことにこだわっても、どうせどこかで負けます。
だったら美しいサッカーにこだわりましょうよ。
最高の負け試合をして、絶頂の中で美しく散りましょう!!」

おいおい…いいのかそれで!!?
俺達の最終学年、この中2病みたいな監督に任せちゃって
本当にいいのか!!?

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
ページ数
208ページ
電子版発売日
2014年07月28日
紙の本の発売
2014年04月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 夕空のクライフイズム(1)
    完結
    通常版 1巻 594円(税込)
    毎年、いいところまで行くのに「あと一歩」が続く 微妙な私立高校・木登学園(きとがくえん)のサッカー部。 2年生の主人公・今中(いまなか)は ドリブルが武器のフォワードだ。 だが彼は、監督が日々繰り返...
  • 夕空のクライフイズム(2)
    完結
    通常版 2巻 594円(税込)
    前監督に逃げられ、進むべき道を見失いかけた 私立高校・木登学園(きとがくえん)のサッカー部。 ヨハン・クライフを熱烈に崇拝し 「醜く勝つより美しく散りましょう」とか口にしてしまう アナーキーな新監...
  • 夕空のクライフイズム(3)
    完結
    通常版 3巻 594円(税込)
    ヨハン・クライフに傾倒する新監督により 少しずつ改革が進みつつある 木登学園(きとがくえん高校)サッカー部。 凄絶な点の奪い合いとなった紅白戦は いよいよロスタイムへと突入。 「自信を持つこと」が...
  • 夕空のクライフイズム(4)
    完結
    通常版 4巻 594円(税込)
    ヨハン・クライフに傾倒する新監督により 少しずつ改革が進みつつある 木登学園(きとがくえん)高校サッカー部。 新チームも形になってきた12月。 隣県・静岡への遠征試合も決まったサッカー部に ケガで...
  • 夕空のクライフイズム(5)
    完結
    通常版 5巻 594円(税込)
    ヨハン・クライフに傾倒する新監督が改革を進める 私立・木登学園(きとがくえん)高校サッカー部。 初めての対外試合の相手は 選手権・静岡代表の名門、富士鷹高校に決定。 はっきりいって相手は超格上...
  • 夕空のクライフイズム(6)
    完結
    通常版 6巻 594円(税込)
    静岡の名門・富士鷹(ふじたか)高校との練習試合3本勝負。 1本目こそ惨敗したものの、2本目で一矢報いた木登学園(きとがくえん)は いよいよ3本目、本気で大金星を狙いに行く!! ようやく出番を得た主...
  • 夕空のクライフイズム(7)
    完結
    通常版 7巻 594円(税込)
    クライフ信者の新監督就任後、初めての対外試合となる 「県央杯」を見据えて、猛練習に励む木登学園のサッカー部! そこへ、1年半ぶりに部に復帰した有能マネージャー・ 梅(うめ)さんの存在が人間関係に...
  • 夕空のクライフイズム(8)
    完結
    通常版 8巻 594円(税込)
    ローカルとはいえ、初めてのタイトルがかかる「県央杯」。 決勝へとコマを進めた木登学園(きとがくえん)は 県下ナンバー2の強豪・鳥尾高校と激突する。 クライフイズムの木登、プレスの鳥尾。 対照的な...
  • 夕空のクライフイズム(9)
    完結
    通常版 9巻 594円(税込)
    最後の最後まで美しく攻め抜く事を信条とする 木登学園(きとがくえん)のサッカーとは対照的に、 「鬼プレス」を掲げる鳥尾(とりお)高校は 叩き上げの泥くさいスタイルと豊富なスタミナを見せつける! ...
  • 夕空のクライフイズム(10)
    完結
    通常版 10巻 594円(税込)
    死闘につぐ死闘となった「県央杯」決勝。 PK戦の末に惜しくも敗れてしまった木登学園サッカー部。 悔しさを噛みしめる選手たちに追い打ちのように告げられたのは、 雨宮監督に対する、理事長からの「クビ...

夕空のクライフイズム(1)

最近のサッカー漫画で一番スキ

kaz2 2018年06月10日

フライング・ダッチマンと呼ばれたヨハネス・クライフのサッカー論を横軸に、指導者によりプレイスタイルをいじられる、人との間に溝ができる、自分の可能性を信じられなくなる(日大問題ですね)ことを縦軸にした、サッカー漫画。「キャプテン翼」が憧れなら、こちらは現実。スポーツは「勝ち」にこだわらなければならない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夕空のクライフイズム(10)

購入済み

夕空ノクライフイズム

kobou 2017年03月19日

サッカーファンもそうでない人も楽しめるマンガでした。終わってしまい残念。雨ちゃんが選手に馬鹿にされたり、メディアに批判されたりしながらも日本一になってほしかったなと思います。

このレビューは参考になりましたか?

夕空のクライフイズム(10)

Posted by ブクログ 2016年07月30日

 今回はシリーズの手仕舞い編とも言うべき内容であり、対鳥尾高校との決勝戦での敗戦をプレーバックしている。
 シリーズ全体を締めるにあたっては十分なスペースがあった一方で、何か一つ展開させるには足りない感触がある。締めとしては綺麗に収めたが、やはり惜しさは感じてしまっている。恋愛模様も半端になってしま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夕空のクライフイズム(5)

Posted by ブクログ 2015年06月19日

 五巻では静岡遠征により、代表の富士鷹高校との30分三本の練習試合が描かれている。正確には二本目までだが、非常にキリの良い内容だろう。
 この巻には深くうなずかされた。そうそう、これだよ。この作品にはこれを望んでるんだと。
 クライフイズムに毒されたサッカー観と、サッカーそのものを描く熱さ。その両面...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夕空のクライフイズム(4)

Posted by ブクログ 2015年05月20日

 今回はFW陣のキャラにスポットを当て、新キャラの加賀美を加えている。チームもだいぶ厚みを増してきたところだろう。
 また、次巻の静岡遠征に向けて、いろいろと(サッカーネタ的に)面白そうなネタをふりまいていて、次巻が本当に楽しみに待たれるところだ。

 漫画的にも、サッカーネタ的にもバランス良く配置...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夕空のクライフイズム(3)

Posted by ブクログ 2015年01月18日

 第3集は、今中が自身の道を定め、その上で雨ちゃんの思いを引き受けることを決めた巻と相成った。
 最初の巻はマニアックなネタばかり、次の巻ではごくまっとうなサッカー漫画と路線がいまいち明らかでなかったが、今回でようやく見えた気がする。ネタはあくまでネタ、ということだろう。

 この早い段階での過去編...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夕空のクライフイズム(2)

Posted by ブクログ 2014年08月02日

 こう言ってはナンだが、とてもまともにサッカーしている。なんだか括弧付けして笑いを入れたくなるくらいまっとうな紅白戦の回である。
 それだけにクライフイズムを描くところはあまりないのだけど、変容していくチームを描いた内容は非常に熱く、ただただ単純に面白かった。

 というわけで、これからに期待補正も...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夕空のクライフイズム(1)

Posted by ブクログ 2014年08月02日

 実に面白かった。
 あくまで一巻であり、物語は動いていないが、この作品の根幹のエッセンス(と思しきもの)がふんだんに詰め込まれている。
 それぞれの、特に主人公である今中の懊悩は多く共感を得るところだろう。それを眺める雨との関係も、もどかしくも次に期待が持てるものである。

 これだけわかりやすく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夕空のクライフイズム(9)

Posted by ブクログ 2016年07月13日

 9巻では県央杯決勝の模様が描かれている。雨宮親子の首の懸かった一戦の結末が描かれているが、その内容についてはここでは差し控えたい。
 しかしそれにしても、どうしてもこぼしたくなってしまうが、商業作品というのは残忍である。スラムダンクにおける愛知の星などを思い返しても、伏線が未消化のまま結末を迎える...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夕空のクライフイズム(8)

Posted by ブクログ 2016年03月31日

 県央杯決勝、県下No.2たる鳥尾高校との対戦が始まる8巻である。今回は相手サイドに焦点を当てる形で物語が展開されている。
 どのチームにもそれぞれドラマがあるが、鳥尾高校ではボランチの二人のドラマにスポットが当てられる形でキャラクター性を描写しており、次回の決着に向けて物語の温度を高めている形であ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?