もしニーチェが短歌を詠んだら

もしニーチェが短歌を詠んだら

作者名 :
通常価格 1,144円 (1,040円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ニーチェの深く難解な哲学を短歌に超訳。その切れ味鋭い格言の数々が日本人のDNAに染み付いた「七五調四拍子」の短歌になることで、これまでうまく理解できなかったニーチェの世界がすっと心に入ってくる。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川学芸出版単行本
電子版発売日
2014年05月27日
サイズ(目安)
1MB

もしニーチェが短歌を詠んだら のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年01月10日

    ニーチェ入門書としては最適でしょう。

    私の短歌観からみて、これらが短歌かというと、微妙です。

    ニーチェの思想を内在律で要約してみた『新しい短歌の取り組み』という感じでしょうか。

    でも
     珍しい花をつけてる生垣の下に行くには短い 生は

    という、情景と心象が重なると「よいなあ」と思いました。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月21日

    ニーチェに振り回されることなく生きていくためにも、この最初の歌を味わって読んでおきたい。

    残念なお知らせをまず致します「いつも世界は不公平です」

    「何が良くて何が悪いか」という価値判断、つまり道徳というものは実は非論理的なものです。
    そのため、人間ははじめから不公平な存在であり、世界もまた不条理...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川学芸出版単行本 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング